キシリトールのむし歯予防効果「キシリトールはむし歯菌を減らす」

202009のサムネイル
むし歯菌は甘いものが大好き。
なのに、なぜ砂糖と同じくらい甘いキシリトールがむし歯予防に役立つのでしょう。

キシリトールは、白樺や樫などに含まれる天然の甘味成分、キシラン・ヘミセルロースに水素を加えて化学反応を起こした「糖アルコール」と呼ばれるものです。ミュータンス菌に代表されるむし歯菌は糖を分解して酸を発生させますが、キシリトールはむし歯菌が分散できない独特の構造なので、酸を発生させることができずに、むし歯菌が少なくなっていきます。

キシリトールの爽快感のある甘味は唾液の分泌を増やす効果もあり、しかも、唾液中のカルシウムと結びついて、「キシリトール・カルシウム」という形になり、エナメル質の再石灰化を促すという効果もあります。ミュータンス菌が多い人、液の少ない人、ストレスの多い人はぜひ試してみて下さい。

キシリトールを口の中に長時間とどめておけるという意味では、ガムがベター。ミュータンス菌を減らしたい人は食事をとった直後に、唾液を増やしたい人は食前にかみましょう。

かみ方のポイントは、最初に出る唾液はのみ込まず、2分間を目安にためて、口の中でぐるぐる回すこと。これはミュータンス菌にまんべんなくキシリトールを行き渡らせるためです。

2分間、唾液をためるのが難しい人は、最低でも5~10分間はかみ続けましょう。毎食後、2週間キシリトールガムを使用すると、むし歯菌が少なくなっていきます。

スーパーやコンビニで売られている商品は、歯科医院で売られているものに対して配合されているキシリトールの量が少なくなっています。

また、むし歯菌の原因となる砂糖や水あめが入っているものもあり、逆効果になることもあります。

かかりつけの歯科医院で100%キシリトールガムについて聞いてみてはいかがでしょうか。

顎関節症とは?

202008のサムネイル

その不眠症はお口が原因かもしれません

202007のサムネイル

糖尿病の克服は歯周病の治療から

202006のサムネイル

定期検診のおすすめ

202005のサムネイル

歯周病菌が出す毒素をケアして健康寿命を延ばそう!

202004-1のサムネイル

202004-2のサムネイル

歯を失い、総歯数が減ることの身体への悪影響

202003のサムネイル

認知症リスクがアップ

歯の減少が能の働きに影響し、残存歯が少ない人ほど脳の働きが悪く、噛み合わせや咀嚼の良い人と比べるとアルツハイマーや認知症の発症率は1.5倍とリスクが高くなります。

歯を減らさずに免疫力アップや高血圧予防

歯の本数が減ることで、噛む回数が少なくなり、唾液の分泌が低下します。唾液は食物の消化を助けるだけでなく、外から入ってくる様々な菌から口腔内を守るという役割をしています。唾液に含まれる「ラクトフェリン」という成分は鉄分と結合して細菌の繁殖を抑制します。また、最近では歯の数が血圧に影響する可能性があることも分かってきました。
高血圧の主な原因として考えられるのは塩分過多、動脈硬化、ストレス、過労、肥満などです。50代以上では、およそ半数以上の人が高血圧であるというデータもありますが、その原因が歯とも関係あるようです。歯は食べ物を噛むためだけで全身に悪影響を与えることはないだろうと思われがちですが、噛み合わせを矯正したところ、血圧が安定した方がいます。高血圧予防には歯の健康を考えることも必要と言えそうです。

顔をゆがめるだけでなく 体もゆがめます

長年、片方の歯ばかりで噛んでいると、使っている方(噛み癖のある方)の歯だけがすり減るので、上下左右の顎のバランスが崩れ、噛み合わせが悪くなります。また、そ嚼筋にも同様のことが起こり、使っていない方の筋肉が衰えてきます。それは顔の表情にも影響し、片方だけにたるみや口角が上がらなくなる、シワやほうれい線もできやすくなる、などの顔のゆがみにつながります。さらには、首や肩の痛みやコリ、頭痛などの原因や腰痛や関節痛なども起こします。また、顎関節にも影響し、顎関節症(口が開けにくい、顎の痛み等)になったりすることもあります。

しっかり噛んで健康に!

202002のサムネイル
からだの健康と噛むことには、大きな関係があります!

丈夫なあごをつくる

子供の頃から固い物をよく噛んで食べると、あごの骨の発達を促します。口のまわりの筋肉が発達していないと歯並びに悪影響を与え、不健康になりがちです。

脳を活性化

よく噛むことで、脳内の血流が増え、脳神経活動が活発になり、脳の運動系統・感覚系統などが活性化されます。

肥満を防ぐ

時間をかけてゆっくり噛むことで、満腹中枢が刺激され、食欲を抑える効果や肥満対策に役立ちます。

お口の中を快適環境に

よく噛むことで、唾液の分泌が促進され口の中の衛生状態を清潔に保ち、抗菌効果を促します。むし歯・ドライマウス・歯周病の予防効果があります。

消化・吸収を促す

よく噛むことで、だ液の中からアミラーゼという消化酵素が分泌され、胃腸の消化・吸収がより促されます。食べ物を充分に噛まないと、胃や腸に負担がかかり、体に悪影響を与えます。

からだ全体にもいいことが!

■ がん予防・アンチエイジング
よく噛むと、だ液が含まれるペルオキシターゼ酵素が、発がん性物質を抑えます。また、種々の他の酵素が老化防止に役立ちます。

■ ストレス軽減効果
噛むというリズミカルな運動は、楽しい食事とリラックスした時間を提供し、日頃のストレスの軽減につながります。

ストレスが原因? クレンチング症候群

202001のサムネイル
「クレンチング症候群」とは、ストレスなどが原因でおこる〈無意識に歯を強く食いしばってしまう癖〉のことを言います。
ただの癖などと軽く見てはいけません。歯や顎への大きな負担がかかるほか、顔面痛、頭痛、肩凝り、腕のしびれ、腰痛など私たちの体にさまざまな悪影響をもたらすことがあると言われているのです。

意外に知られていない「クレンチング症候群」の悪影響

歯は主に食べ物を噛み砕くために使うものなので、何も無い状態で噛むと歯や顎に強い力が加わってしまいます。「気づかないうちに歯を食いしばっている」「寝ているときに歯を食いしばるらしく、朝起きると顎が痛い」など、無意識な食いしばりが常習化すると、様々な症状な体に起こってしまう可能性があります。

原因
強いストレスや緊張感があると、無意識に歯を食いしばってしまいがちです。
精神的要因が原因の場合は、眠っている間にも歯を食いしばっているため、朝起きたときに歯痛や頭痛が起こることもあります。

予防
●上下の歯が接触しないように意識する(くせに気づく)
●ガムをかむようにする(毎食間に1回15分程度で中止)
●ストレッチをして肩・首周りの筋肉の緊張をほぐす
●口の中をマッサージする(粘膜用ブラシ等、柔らかいタイプで)
●寝る姿勢や頬づえに気をつける

主な症状
◯歯の削れや欠けたりグラグラする
◯歯周病   ◯知覚過敏 ◯顎関節症
◯顔面痛   ◯頭痛   ◯肩こり
◯腕のしびれ ◯腰痛   ◯倦怠感
◯難聴    ◯耳鳴り  ◯めまい
◯自律神経失調      ◯冷え性
◯低体温  ◯イライラする など

歯科医院での治療
●マウスピースをつくってもらいつける
●歯並びの矯正

ストレスが与える歯周病のリスク

201912のサムネイル

免疫力が低下する

人の体は、自律神経系と内分泌系、免疫系が作用し合ってバランスを取り、健康な状態を保っています。
ストレスにより、自律神経系のバランスが崩れると、ホルモンの分泌が乱れ、免疫機能が低下。それにより歯周病菌が増殖し、歯周病の発症につながるのです。

唾液の分泌の減少(口の渇き)

唾液には殺菌作用、浄化作用などがあり、量が減ると口の中の細菌が増殖し、歯周病を進行させます。

寝ている間の歯ぎしり・日中の無意識くいしばり

食事以外の長時間による圧迫(自分の体重ほどの強い力)は、歯周組織を刺激し、歯ぐきと歯を支える骨(歯槽骨)に炎症を起こすきっかけとなります。
歯ぎしりの原因としては
・咬み合わせのアンバランス
・かぶせもの(クラウン・ブリッジ)の不適合 などがあります。

気分転換(ストレス)の喫煙がお口に及ぼすコワイ影響

タバコの煙には数千もの化学物質が含まれていて、そのうちニコチンや発癌性物質などの有害物質は200 種類を超えると言われています。喫煙者は、口臭や歯にヤニがついて汚く見えるだけでなく、歯周病やむし歯にかかりやすく悪化しやすいので、非喫煙者に比べ、治療しても治りにくくなることがわかっています。