歯医者の治療を途中で中断すると…

201910のサムネイル
症状や治療内容によって、治療回数が多くなると、「痛みがなくなった」「時間がない」などの理由から、ついつい通院が面倒になってしまい…。しかし、治療を中断すると、リスクが増大するばかりで、痛みが再発したり、症状が悪化したりすることになりかねないのです。

治療には段階があるため

治療は一足飛びにはできません。例えば、むし歯の場合、進行していればいるほど段階を踏んで色々な治療を行なわなければならず、1回にすべてを終えることはできません。また、無理に複数の個所を治療すると、噛み合わせに支障が出る場合があります。

治療を途中でやめてしまうとこんなリスクが…

①応急処置のあと放置すると

痛みを取り除くために応急的な処置を行うことがありますが、痛みがなくなった=治ったではないため、状態がさらに悪化する場合も多いのです。

②歯の神経を取ったあと

神経を取った後や根の治療をしている場合は、歯の内部の抵抗力が弱いため、治療を中断すると、歯茎が腫れてくるなどかえって症状が進行します。

③治療回数を重ねたとき

歯の根の治療は治療回数が多くなり、通院が長くなりますが、中断してしまうと、さらに症状を悪化させて抜歯となってしまうかもしれません。

④被せ物などの型を採ったまま

歯型を採った後、被せ物をする前に中断してしまうと、被せ物が合わなくなったり、被せ物部分や、前後の歯に新たなむし歯ができてしまったりすることがあります。

⑤仮歯のままの放置

仮歯は、④の状態を保全する為のものです。一時的な見た目が元に戻りますが、長時間の使用に耐えられるだけの強度がなく、時間が経過すると次第に擦り減ってしまい型どりが無効になり、やり直しになります。

⑥抜歯後に適切な処置をしない

抜歯後は歯がなくなったスペースに隣の歯が傾いてきたり、噛み合う歯が伸びてきたりするため、噛み合わせや歯並びが乱れてしまいます。

最後までキチンと通いましょう!

仕事の都合や行きたいときに受診できないなどの理由で、痛みがなくなると通院を中断してしまう方がいらっしゃいます。しかし、お口の健康は全身に影響を与えます。最後まで治しきることが大変重要なのです。

忘れていませんか?舌ケア。

201909のサムネイル

ご存じですか?お口のニオイの原因は、舌の汚れ(舌苔)です。

不快なお口のニオイとは?

不快なお口のニオイの主な原因は、VSC(揮発性硫黄化合物)です。VSC(揮発性硫黄化合物)には、卵が腐ったようなニオイの硫化水素や、野菜が腐ったようなニオイのメチルメルカプタン、生ごみのようなニオイのジメチルサルファイドなどがあります。これらが複雑に混じり合ってお口のイヤなニオイになります。

硫化水素(卵の腐ったようなニオイ…)
メチルメルカプタン(野菜の腐ったようなニオイ…)
ジメチルサルファイド(生ごみのようなニオイ…)

注)口臭の専門家による国際分類では、社会的に容認される限度を超える明らかな口臭を「真性口臭症」としています。

お口のニオイとは?

「お口のニオイ」は、主に3つに分類されます。

①生理的なお口のニオイ
歯の周りや舌の上は、食べカスや歯垢、剥がれ落ちた粘膜などの汚れが溜まりやすい場所です。お口の中の細菌がこれらをエサにして腐らせることでガスが発生します。これを揮発性硫黄化合物(VSC)と呼びます。程度に差はありますが、誰もが持ちうるニオイです。

②食品由来のお口のニオイ
食べ物のニオイ成分やアルコールが吸収されると、血液で全身をめぐり、やがて、肺を通して呼吸とともにお口から出てきます。

③体調が良くないと起こるお口のニオイ
歯周病やのど・鼻・胃腸の健康状態によっては特有のガスが発生し、お口のニオイの原因になります。

※お口の中の細菌は、体調の変化により免疫力が低下すると大増殖して歯周病も進行させます。

一日の中でお口のニオイは変動します

生理的なお口のニオイは、生活のリズムによって強くなったり弱くなったりします。普段お口の中はだ液で常に洗い流されてキレイな状態ですが、だ液が減るタイミングではニオイ成分が発生しやすくなります。
一般的に、朝起きた時や食事の前など、だ液の分泌が減る時間帯には、お口のニオイが強くなることが知られています。また、ニオイの原因である「舌の汚れ(舌苔)」が多く付着していると、お口のニオイも強くなる傾向がみられます。
一方で、食事をとると、舌の汚れ(舌苔)が食べ
物でこすれて取れたり、だ液で流されたりするため、ニオイが低下します。お口のニオイは、人とのコミュニケーションの妨げになります。毎日しっかりとケアして気をつけたいですね。

舌の汚れ(舌苔)とは?

鏡で自分の舌を見ると白っぽい汚れが付着していることがあります。これがお口のニオイの大きな原因となる「舌苔」です。この舌苔は、お口の細菌や食べかす、剥がれ落ちた粘膜などがたくさん付着してできた汚れです。
自分の舌の汚れを一度鏡でチェックしてみてはいかがでしょうか?

舌のケアは、毎日簡単にできます

お口のニオイの大きな原因は歯周病(出血・ウミ)と、舌の汚れ(舌苔)です。歯みがきや歯間ブラシなどの毎日の口腔ケア習慣に、舌のブラッシングと、※専用タブレットを用いた舌ケアも取り入れ健康な「舌」を保ちましょう。

※舌のブラッシングは、力を入れずに軽くブラシで4~5回なでるように行なってください。

子供のむし歯・大人のむし歯

201908のサムネイル

子供のむし歯

むし歯の原因菌〈ミュータンス菌〉の母子感染に注意!
さまざまなむし歯菌のうち、一番代表的で強力なのがミュータンス菌です。しかし、生まれたばかりの赤ちゃんにはこのミュータンス菌は存在しません。
ではどうして、いつ頃から、子どもたちはミュータンス菌に感染し、むし歯になってしまうのでしょうか。

実は、母親や家族からうつることがあるのです。お母さんの持っているミュータンス菌が、だ液などからお子さんに感染することを「母子感染」と言います。
そのほか一緒に生活する家族からも感染すると言われています。しかも感染しやすい要注意時期があり、それは、1歳7ヶ月から2歳半くらいまでの頃です。
この頃は、歯が次々と生える時期で、かたちが複雑な乳臼歯(奥歯)も増えてきます。だから、ミュータンス菌に感染するとむし歯になりやすくなってしまうのです。

大人のむし歯

放置しておくと怖い!
「むし歯がある」とわかっていても、なかなか歯科医院に通えないという方もいらっしゃるでしょう。そのうち、気にならなくなってきて気がつけば何年も放置していたといったケースはめずらしくありません。
しかし、たとえ痛みが消えたとしても、むし歯が消えたわけではないのです。

広くて浅いのが大人のむし歯
大人と子供のむし歯には、そのできかたにも違いがあります。子どものむし歯は、一般的に”狭くて深く“入口は狭くても奥の方で進行していて、歯の神経まで達していることが多いため、痛みを感じます。
大人になると、よほど歯磨きができていない人でないかぎり、こうしたむし歯はできにくいのです。
大人のむし歯の特徴は”広く浅い“ことです。

この状態を「慢性う蝕」といい、歯が茶色っぽかったり、黄ばんだ感じになり、さほど深くなく広範囲に広がって歯を弱めていきます。
そして浅いため、神経まで到達せず痛みを感じることは少ない傾向があります。また治療のために、すでに神経を取っている場合、むし歯が進んでも痛みはでません。
なかなか気づきにくいのが大人のむし歯なのです。

【だ液のはたらき】だ液は歯を健康な状態に戻しています

201907のサムネイル

だ液は、いろいろなはたらきをして私たちの体を守っています。

  1. 再石灰化で虫歯を防ぐ
  2. 食べ物を甘くし、食事をおいしくする
  3. 食べかすを洗い流して口中を清潔に保つ
  4. 食べ物の消化を助ける

だ液には、食事のたびに歯から溶け出すミネラル成分を歯が戻し、再石灰化する働きがあります。このバランスが崩れると、むし歯が進行してしまいます。なるべく再石灰化が多くなるようなお口の環境を作るとが大切です。

健康なお口の中は、弱アルカリ性を保っています。だ液が少なくなるとお口の中は酸性に傾いて歯のミネラルが溶け出しやすくなります。

また、再石灰化に必要な成分を行き渡らせることもできません。就寝中はだ液が減少するので、寝る前の歯みがきは必ずしましょう。

だ液を減らさないためにも、なるべくゆっくりとよく噛んで食事をしましょう。ガムを噛んだりマッサージをするのも効果的!

*再石灰化/飲食すると、お口の中のペーハーが酸性へ傾き、歯質が軟化しますが、再び正常へ戻す働き。
*ガムはキシリトール100%のものに限ります。

気になる知覚過敏 その原因と治療法

201906のサムネイル

知覚過敏とは?

知覚過敏は、正式には「象牙質知覚過敏」といいます。
むし歯でもないのに、冷たいものや熱いもの、酸っぱいものを食べるとしみる、また歯ブラシの毛先が触れると痛むなどの症状の多くが知覚過敏です。
歯の表面は硬いエナメル質で守られていますが、このエナメル質がさまざまな原因によって削られることで、刺激や象牙質に直接伝わるようになり、象牙質の無数の穴から冷たいものや熱いものが入り込んで歯がしみるという症状が出てしまうのです。

主な原因

●まちがった歯みがき

硬い歯ブラシでゴシゴシと力を入れてみがいていると歯や歯ぐきに傷がついて知覚過敏になります。

●酸性の食品のとり過ぎ

炭酸飲料、柑橘系の果物や梅干しなど酸性の食べ物をとり過ぎると、エナメル質が溶かされる危険があります。

●歯ぎしり・噛み合わせの悪さ

歯ぎしりする人や噛み合わせが悪いと、過度な力がかかって歯の表面が傷つき、知覚過敏を引き起こしてしまいます。

●むし歯

むし歯によって象牙質が露出し知覚過敏を招きます。むし歯が原因の知覚過敏は、しみるというより継続的な痛みとなります。

●歯周病

歯周病が進行して知覚過敏が起きやすくなります。歯周病による歯ぐきの後退は、歯科医院での治療が必須です。

対策と治療法

●歯みがきを工夫

軽度の場合は、知覚過敏用の歯みがき剤と正しいブラッシングをすることで症状が改善することがあります。

●フッ素を塗布する治療

しみる部分に高温度フッ素(1450ppmF)を塗布することで、歯の表面が硬くなり刺激が神経に伝わらないようにします。症状が治まりむし歯予防にもなります。

●セメント等で埋める

歯の根元がくさび状にえぐれてしまった場合には、その部分をセメントやコンポジットレジン(プラスチック)で埋めて治療します。

二次カリエスを防ごう!

201905のサムネイル

カリエスは歯科の用語で「むし歯」のことです。「二次カリエス」とは二次的に出来たむし歯、つまり「一度被せ物や詰め物で治療した歯が、またむし歯になる」ことを言います。通常のむし歯のように歯の表面に出来るとは限らないため、発見が遅れると歯の奥深くまで進行してしまうケースが少なくありません。

歯を失う大きな原にも!

以前のむし歯治療で入れた被せ物や詰め物が、年数が経つにつれ劣化して、被せ物や詰め物との境目から徐々にすき間ができて、いつもプラークが入りこんだ状態になるため、むし歯になってしまうことがあります。これを、二次カリエスと言います。

それが神経を抜いた歯であれば、むし歯になっても痛みを感じさせないため、気がつかないうちにどんどん進行していき重症化してしまいます。

一度治療した歯は、他の歯に比べむし歯になりやすいので、二次カリエスを防ぐことは非常に大切なのです。

二次カリエスを防ぐためには?特に念入りなお手入れを

むし歯を防ぐためには毎日の歯みがきは欠かせませんが、特に被せ物や詰め物は本物の歯よりも汚れが付きやすくなっています。意識して特に念入りにお掃除をしましょう。

そして、セルフケアだけでは落とせない汚れを取り除くためにも、定期的に歯科医院でクリーニングやメンテナンスを行う事が重要です。しっかり噛める歯が、人生の後半から晩年を支えてくれます。つまり、健康で寿命を全うする秘訣なのです。

バイオフィルムとは?


バイオフィルムとは日本語にすると菌膜です。私たちの歯と歯ぐきの間にたまる歯垢(プラーク)はバイオフィルムの一種です。歯垢は食後八時間程度でできる、歯の表面についた白っぽくネバネバした微生物の塊のことです。この歯垢の中にむし歯や歯周病の原因となる菌がひしめいているのです。

バイオフィルムはお口の中にどんな影響を?

お口の中には常に四百~五百種類の細菌が数十億存在していますが、その中でとくに歯周病原菌が歯肉溝(歯と歯ぐきの境目)のなかで増殖すると、溝が深くなり歯周ポケットができ、放置していると歯肉が腫れ炎症をおこし、歯槽骨を溶かしてしまいます。気づかぬうちにいつも出血し、だ液にまざり口臭を発しています。日本人の八割以上が歯周病だという統計が出ています。

歯周病のバイオフィルム内の、歯周病菌が爆発的に増加しますので、基本治療として、だ液中のカルシウムと結合した菌(歯石)を取り除き歯周病菌の少ない歯周ポケットを保ち改善されるようにしていかなくてはなりません。健康な歯肉溝では、バイオフィルム内のほとんどが常在菌であり、歯周病の炎症は心配ありません。しかし、成人型歯周炎にかかっている方のバイオフィルムには歯周病の原因菌が多数を占めています。

このように、健康な歯肉溝と歯周病の歯周ポケット内のバイオフィルムには、大きな違いがあります。歯周病にかかった歯肉を健康なものに戻すためには、これらの菌の数を減らさなければなりません。

デメリットがいっぱい!口呼吸のリスク


ご飯を食べているとき、運動しているとき、寝ているときでさえも、私たちが毎日あたりまえのように続けている呼吸には、「口呼吸」と「鼻呼吸」の二種類があります。口呼吸を長く続けると、むし歯や歯周病になりやすくなったり、歯並びが悪くなったりするほか風邪をひきやすくなるなど、全身にまで悪影響をもたらし、不快な症状につながることもあります。

口呼吸が引き起こすトラブルとは?

歯並びや口の形が悪くなる

歯が正しい位置に並ぶには、唇や舌から一定の力を受けることが必要です。〝口を閉じている〞状態は鼻から下の筋肉(口輪筋・頬
筋・舌筋など)を鍛えています。口が常に開いていると歯が唇から受ける力が弱くなる一方、あごや歯が前に押し出され、出っ歯や受け口といった歯並びや骨格の異常を引き起こします。

いびきや睡眠時無呼吸症候群が起きやすくなる

口呼吸の方は睡眠時も鼻で呼吸できない場合が多く、舌の奥がノドに落ちて気道を塞ぎます。この結果いびきや睡眠時無呼吸症候群になります。酸素吸入量が少ないので睡眠の質も悪化し、日常の疲労が抜けにくくなります。

むし歯や歯周病、口臭の原因になる

だ液には食べかすや細菌を洗い流し、口の中を清潔に保つ働きがあります。しかし、口呼吸になると口が常に乾いてだ液の分泌が追いつかず、食べかすなどが十分に洗い流されず、汚れた場所がむし歯菌や歯周病菌の温床となって、口臭をさらに強くしてしまいます。

風邪やインフルエンザにかかりやすくなる

鼻には鼻腺毛があり、外から入った異物が入るのを防ぎ、空気清浄機のように空気を浄化してくれています。口呼吸を行うと細菌やウイルスがそのまま体内に入ってしまうため、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなります。

中年期からの歯の管理「かむ力を維持し、栄養の偏り防ぐ」

80歳で自分の歯を20本以上保つことを目標とする「8020運動」の開始から30年近くたち、達成した人の割合は厚生労働省の推計で昨年初めて5割を超えました。かむ力を維持することは栄養摂取の偏りを防ぎ、歯周病の進行や筋力の低下を招かないために重要です。

歯が少ない人は栄養の摂取量も少なくなる。2004年の国民健康・栄養調査によると、40歳以上で歯が20本以上ある人の平均値を「100%」とすると、歯が20本未満の人は、動物性たんぱく質が88%、亜鉛が92%、ビタミンAが95%など、たんぱく質、ミネラル、ビタミン類の摂取量が少なかった。一方で、炭水化物は99%と、あまり差がなかった。

国立保健医療科学院の安藤雄一統括研究官は同調査に基づき、食品の摂取量と40歳上の人の歯の数との関連を調べた。歯の数が「28本以上」「20~27本」「10~19本」「1~9本」「0本」の5グループに分けて比べたところ、「28本以上」の肉類摂取量を100%とすると他の4グループは90%前後で、きのこや魚介類の摂取量も少なかった。

鶴見大学歯学部の花田信弘教授は「十分にかめない人は、自分の歯の調子に合わせて軟らかい食物を選んで食べる傾向があり、高カロリーで太っているのに低栄養の状態となる」と指摘する。

新潟大大学院口腔健康科学講座の宮崎秀夫教授が新潟市の70歳の高齢者600人を1998年から08年まで追跡した研究で、
①適正な栄養摂取ができず、血清アルプミン濃度が低かったり、ビタミン、ミネラル類が不足したりしている人は歯周病が進行しやすい
②上下の歯のしっかりしたかみ合わせが悪い人は身体のバランスを保つ力や筋力が低下するリスクが高まる――
ことなどがわかった。

高齢になってもかんで食べられるようにするにはどうすればよいのか。花田教授は40歳以上の人が心がけることとして、
①一口30回かむ習慣をつける
②歯みがきだけでなく歯間ブラシも使う
③かかりつけの歯科医院で定期的に健診を受ける
④歯が減ったら入れ歯などでかむ力を維持する――
を挙げる。

健康ライフに必要な入れ歯「いつまでも 美しい歯を保つために」

1、入れ歯は正しく洗いましょう。

入れ歯は、正しい手入れをしないと、長持ちしないばかりでなく、汚れて独特のいやな臭いがしてきます。さらに口の中が赤くなり、炎症をおこしてきます(義歯性口内炎)。これを防ぐためにまず、毎食後は必ず入れ歯をはずして、主治医の指示を受けた(入れ歯用)ハブラシで洗うようにしましょう。

この場合、歯磨剤はつけないでください。これでゴシゴシ磨くと入れ歯材料のプラスチックがすりへります。水を流しながら、軽く食べかすをはらう程度にしましょう。

2、夜、寝ている間に入れ歯の消毒。

主治医の指示がない限り、寝るときは入れ歯をはずしましょう。はめたままではお口が休まる暇がありません。はずした入れ歯は、入れ歯洗浄剤を溶かした水に一晩浸すことが最良です。一日使った入れ歯には目に見えなくても汚れがついています。その汚れはカンジダという真菌(カビの一種)が主体ですが、これが義歯性口内炎などの原因となるものです。

それで特にカンジダ菌を殺菌・溶菌する酵素の入った入れ歯洗浄剤を使用しましょう。これを溶かした水の中に浸しておくだけで消毒され、入れ歯についた特有の臭いもなくなり、清潔になります。

夜、はずしておくと、翌朝はめたとき少し違和感がありますがすぐに慣れてきます。そこで朝起きてすぐに入れ歯を洗ってはめてください。

お食事までにしっくりと落ち着き、おいしく朝食を頂けます。これを毎日くりかえすことが必要です。

なお、寝ているときに入れ歯をはずすことにより、かえって顎が疲れるときには、一日のうちの数時間は入れ歯をはずし、口の中を安静にしましょう。そのときに入れ歯をきれいにすることです。

3、残っている歯と歯ぐきもていねいにお手入れを…

入れ歯をしていると、歯も汚れやすくなってきます。自分の歯と歯ぐきは毎食後ていねいに磨きましょう。入れ歯と自分の歯を常に清潔に保つことは、虫歯や歯周病(歯槽膿漏)の予防になり、結果として、入れ歯をより長く気持ちよく使うことができるのです。
あなたの歯のこんなところが汚れますので十分磨いて下さい。

4、入れ歯を守るのはあなた自身です。

入れ歯は、健康を守るために必須のものです。一般的に入れ歯は、高齢者の方というイメージが多いかも知れませんが、そうではありません。手遅れになった歯周病や虫歯等で歯を失ったり、事故で歯を失ったりして必要になる一つの大切な治療法です。

入れ歯は慣れてくると、体の一部のようになってきます。入れ歯の手入れ、点検を怠らないことは、もちろん大切です。また、病気などをすると、口の中にも当然影響が出て入れ歯にも支障をきたします。

何か問題があれば、遠慮せずこまめに歯科医師に相談して下さい。これらのことを心がけて、あなたの入れ歯で、心豊かに健康な毎日を過ごしましょう。