口腔の老化と唾液

会津の歯医者 渡辺ゆうぞう歯科クリニックの「お口の相談室」

201605

口をぽかんとあけて、口で呼吸をしている若い人も増えています。

歯磨きの大切さは良く言われますが、口の中の環境を守るために非常に大事なものは「唾液」です。普段は気にもしない唾液ですが、なくなると口の中がカラカラになって、話す事も食べる事もできません。舌は荒れ、虫歯は進行し、歯周病や口臭も悪化します。

唾液は1日に平均1~1.5リットルも出ます。99.5%が水分で、ナトリウムやマグネシウム、カルシウム、タンパク質、ビタミン、ホルモンなど、さまざまな成分が含まれています。

唾液を出す一番の刺激は良くかむ事。老化で唾液の量が減るため、ゆっくりと良くかむ事が大事になります。かむ刺激で口の中に唾液があふれ、唾液中のアミラーゼがでんぷんを消化し、かむほどに食物と唾液との接触が増えて、消化も良くなり歯茎も鍛えられて脳への刺激にもなります。

さらに、唾液の役割には味物質を溶かして味覚を生じさせる溶解作用、食べ物のカスを洗い流す洗浄作用、ラクトフェリン、リゾチームなどにより細菌の増加を抑える抗菌作用、重炭酸塩やリン酸塩により酸を中和する緩衝作用、歯の表面に皮膜をつくり虫歯を防ぐ保護作用、嚥下や発音を円滑にする潤滑作用や粘膜の保護作用などがあります。

唾液にはサラサラ唾液とネバネバ唾液があり、リラックスしている時には自律神経の副交感神経が働き、唾液は活発に分泌されてのどや食道を潤し、サラサラと自然に胃の中に流れます。逆に体にストレスがかかると、のどをなかなか流れていかないネバネバ唾液になってしまいます。サラサラ唾液を多くするには良くかむ事が大事で、唾液線のマッサージや自律神経を調整するウォーキング、ジョギング、水泳、呼吸法なども効果があります。

口の健康を守る唾液ケア

唾液は、主に耳下腺、顎下腺、舌下腺の3ヵ所から出ていますが、加齢とともに顎下腺からの分泌量が減少します。

舌を回したり、唾液腺の付近を外からマッサージすることによって、唾液腺が刺激されて、唾液が出やすくなります。口が乾いていると感じたら、ぜひ実行してください。

―次号へつづく―

免疫力を上げて病気を治す 口の体操「あいうべ」

会津の歯医者 渡辺ゆうぞう歯科クリニックの「お口の相談室」

201604

最近、口の中の汚れや炎症が、肺炎や心筋梗塞、認知症など、全身の病気に影響していることがわかってきました。

口で呼吸すると、口の中の水分が空気中に蒸発し、乾燥します。唾液による殺菌・消毒作業が発揮されず、細菌が繁殖しやすくなり、虫歯や歯周病、口臭などが起こりやすくなります。

口や舌の筋肉が衰えると口呼吸になります。口を閉じた状態で舌がどこにあるか確かめてみてください。正しい舌の位置は、上あごに舌がべったりくっついている状態です。舌がこの位置にあると、口は自然に閉じ、安静時は鼻呼吸ができるようになっています。

口呼吸の問題は、乾燥による細菌の繁殖だけではありません。

空気中には、ホコリや細菌、ウイルス、花粉など、さまざまな異物や病原菌が混じっています。たとえそれらを吸い込んだとしても、鼻で呼吸をしていれば、鼻粘膜の表面に生えている鼻毛や、鼻粘膜から分泌される粘液がからめ取ってくれます。

鼻から吸い込んだ空気は、鼻の中を通ることで、温かく湿った状態で肺へと送られるしくみになっています。いわば、鼻は「加湿機能つきの空気清浄機」です。

口呼吸の場合は冷たく乾燥した空気をいきなり吸い込むことになり、のどや気管を痛めるおそれがあるでしょう。異物や病原菌の混じった空気を直接吸い込むことで、ウイルスが体内に入り込むと、カゼやインフルエンザにかかりやすくなります。

鼻呼吸にすれば、肺炎の予防にもつながります。なかでも、高齢者や入院患者の死亡に結びつくといわれる誤嚥性肺炎は、食物を食堂にスムーズに送り込む嚥下反射や、異物が気道に入るのを防ぐ咳反射の機能が低下し、食物や異物、細菌などが気道に入って起こる肺炎です。この誤嚥性肺炎も、舌の筋力の衰えが大きく影響しているので、鼻呼吸ができるようにすることで予防できます。

鼻呼吸の場合、口のように一気に空気を吸い込めないので、しっかり吸おうと、横隔膜を使って深くゆっくりと呼吸することになります。その結果、酸素の取り込み量は、鼻呼吸のほうが多くなるのです。

鼻呼吸をすると、鼻粘膜から一酸化窒素(NO)が出ることもわかっています。NOは、血管や気管支を広げる作用があります。全身に血液と酸素をしっかり行き渡らせます。

■ 口呼吸を鼻呼吸に変えるために、口の体操「あいうべ」をしましょう。

「あいうべ」を行うと、舌や口の周囲の筋肉が鍛えられ、口呼吸をしなくなります。すると、口の中が潤い、自律神経のバランスが整います。その結果、免疫力が上がって、病気の改善・予防につながるのです。実際、さまざまな病気や症状が、「あいうべ」で改善しています。

「あいうべ」は、いつ、どこでやってもかまいませんが、特にお勧めは入浴時です。温かい浴室なら、「あいうべ」で口を大きく開けても、冷えたり乾燥したりする心配がありません。

「あ」「い」「う」という口の動きは、口輪筋や表情筋を鍛えるのに役立ち、唇をとがらせて前に突き出す「う」の動きは、口を閉じる力をつけるのに有効です。そして、「べー」と舌を出すことで舌筋が鍛えられます。舌を正しい位置に引き上げるために、舌筋を鍛えることは最も重要といえます。

口腔粘膜ケア「入れ歯を支える粘膜を健康に保つ」口腔がんを予防する効果も

会津の歯医者 渡辺ゆうぞう歯科クリニックの「お口の相談室」

201602

入れ歯は口腔粘膜の支えがあってはじめて機能する

通常、咀嚼時に歯にかかる力は、歯根膜が受け止めて歯槽骨に伝え、体全体に分散させています。入れ歯(有床義歯)は、この力を、歯がなくなった部分の口腔粘膜と歯槽骨に肩代わりさせています。

口腔粘膜は、口唇、舌、歯肉(歯茎)、頬、口腔底(舌の下側の部分)の5ヵ所(図表1)に分類されます。薄く脆弱に見えますが、表面部分の細胞の重なりは皮膚の表皮より厚い、軟らかく丈夫な組織です。なかでも、歯肉粘膜は強靭で、時には体重に匹敵するかみ合わせの力に耐えて、歯根膜の代替機能を果たします。

入れ歯を快適に使うためには、それを支える口腔粘膜を健康に保つことが大切です。皮膚と同様に、加齢によって口腔粘膜も委縮し、弾力を失います。また、唾液の分泌も少なくなり、免疫機能も低下するため、粘膜は傷つきやすく、傷が治りにくくなっています。そういう状態の粘膜に、かみ合わせの力を負担させるわけですから、ぜひ口腔粘膜ケアにも気を配ってください。

口腔粘膜ケアのポイント

❶使い始める前に十分な咬合調整を
入れ歯を装着して、痛みがなく、効率よくかめる状態にもっていくことを、咬合調整といいます。咬合調整が十分でないと、かみ合わせの力が偏ってしまい、粘膜が圧迫されます。圧迫によって、血液の循環が滞ると、粘膜細胞が壊れて、皮膚の「床ずれ」と同じ傷ができます。粘膜の傷は、痛いだけでなく、後述する長引く炎症(口腔粘膜炎)のきっかけになることもあります。入れ歯は、歯科医師による十分な咬合調整を受けてから使用してください。

❷合わない入れ歯を使い続けない
歯根膜が受けるかみ合わせの力(力学的負荷)により、骨リモデリング(吸収と形成)がおこり、骨量が保たれるので、歯があるときは、顎の骨の形はあまり変わりません。
歯を失い、骨に力学的負荷が十分かからなくなり、また入れ歯による部分的な圧力が加わると、顎の骨の形は毎日少しずつ変化します。

加齢に伴って体はどんどん変化し、顎の骨と共に口腔粘膜の形と性質も変化しますので、使っているうちに、入れ歯は必ず合わなくなるものです。
合わなくなった入れ歯を無理して使い続けると口腔粘膜に傷を作ることになりますので、早め早めに調整を受けましょう。

❸歯磨きで粘膜炎予防
食事の後、そのまま放置すると、入れ歯や口の中で細菌が繁殖し、口腔粘膜炎(口腔炎など)を起こすことになります。粘膜炎になると、痛いため、バランスをこわすようなかみ方をするようになり、さらに粘膜炎を作る悪循環に陥りかねません。
食後の歯磨きには、ブラシで歯肉粘膜を刺激して血液循環をよくする効果もあります。
粘膜炎は口と入れ歯を清潔にして安静にしていれば、自浄作用で治癒します。

❹就寝中は入れ歯を外す
口腔粘膜を休ませ、血流を回復させるために。

入れ歯と口腔がんとの関係

口腔がんは、かみタバコなど、刺激物を長い間口に入れる習慣がある南アジアや中東などで多発しています。これらの状況から、口腔がんは、食習慣を中心とした生活習慣と劣悪な口腔衛星状態を背景に発症すると推測されています。日本では患者数は少ないのですが、増加傾向にあり、最近では年間約7000人が死亡しています。発症の中心は高齢期のため、今後増える恐れがあります。特に、入れ歯をお使いの方に注意していただきたいがんです。

口腔がん予防のポイント

どんながんも、前がん病変(まだがんではない段階の病態)から徐々に進行して、完全ながんに発育していきます。

口腔がんの前がん病変の代表的なものは「白板症」です。口腔粘膜が部分的に白くなる病気で、将来がんになる可能性がありますし、その一部にすでにがんが生じている可能性もある病変です(口内炎とは違って、白板症まで進行すると痛みがない)。

白板症以外にも、さまざまな前がん病変がありますが、それらに共通するのは「持続する炎症症状(痛かったり赤くなるなど)」や「治りにくい傷」です。
がん治療の原則は、早期発見・早期治療。口腔がんを早期に治療した場合の治癒率は、格段によくなることが知られています。症状が長期間続くときは、医師または歯科医師の診断を受けてください。

口腔がん予防のポイントは、喫煙と過度の飲酒を避けることと、粘膜の炎症を防ぐこと。
口腔ケアの4つのポイントが、口腔がんの予防にもなります。

お口の中が健康な人ほど病気になりにくく、長生きできます

会津の歯医者 渡辺ゆうぞう歯科クリニックの「お口の相談室」

201601

健康寿命は口腔から

お口の中の健康は、単にものを食べるといった働きを越えて、全身の健康状態や寿命に大きな影響を及ぼしているという確信が、歯科医のあいだで広まりつつあります。

口の中が健康な人、すなわち自分の歯が残っているか、ちゃんと歯の治療をしていて、食べ物をしっかり噛める人は、寝たきりや要介護、認知症などになりにくく、費やす医療費も安くすむことがさまざまな研究から示されています。

歯周病や虫歯の原因菌と、糖尿病や心筋梗塞などほかの疾患との関連も明らかになっています。いつまでも元気で長生きという〝健康寿命〞を延ばすには、口の中の健康を保つことがとても重要なのです。

また、よく噛んで食べると満腹感を得やすく、ダイエット効果があることは一般に知られていますが、しっかり噛むことは骨や肌のアンチエイヂングにも役立つと考えられます。噛む刺激が歯やあごの骨芽細胞(骨形成を行う細胞)に伝わると、健康寿命は口腔からカルシウムやリンなど骨の材料が増え、骨が強くなると同時に、噛む刺激によって線維芽細胞(真皮の成分を作り出す細胞)が活性化され、顔全体の肌や粘膜のコラーゲンが増すことがわかってきました。口の中が健康でしっかり噛んでいれば、見た目や全身の若々しさもいつまでもキープできます。

のみこみ力UP体操「口の老化を防ぐ」が勝ち

会津の歯医者 渡辺ゆうぞう歯科クリニックの「お口の相談室」

201508-1

食べ物がいつまでも口の中に残っている」「就寝中にむせて目が覚めることがある」。これらの問いに「イエス」ならば、のみこむ力が落ちているかもしれません。

のみこみをスムーズに行うためには、のどの動きだけでなく、口やそのまわりの筋肉の機能が重要な役割を果たしています。これらはいずれも、年齢を重ねるにつれて衰えが現れるものばかり。放っておくと、いずれ低下するおそれがあります。

そこで、機能の低下に歯止めをかけ、本来の力を回復させる体操を紹介します。

体操は、いずれも簡単で道具がいらないものばかり。毎日短時間、継続して行うことで、さまざまな口の機能アップ効果が期待できる運動です。「顔面体操」「口開け体操」「ベロ出しゴックン体操」「頭上げ体操」に取り組みましょう。

噛む力UP!そしゃくと脳

会津の歯医者 渡辺ゆうぞう歯科クリニックの「お口の相談室」

201507

ものをかむ動作は脳を活性化する

認知症を疑われる高齢者に比べて、健康な高齢者は残っている歯の本数が多いことがわかっています。
これは歯の本数が少ないことが認知症の発症と関係があることを示すものではありませんが、少なくとも「かむ」行為が脳の血流量を増やすことは、複数の研究が明らかにしています。

脳は大脳皮質上で役割を分担していて、筋肉運動をつかさどる領域を「運動野」、体の各部の感覚をつかさどる領域を「感覚野」と呼んでいます。
これらに刺激を伝える器官も細かく区分されていて、口が伝える領域は面積にして各野の3分の1を占めます。さらに、歯磨きや食事のさいには手も使うため、そしゃくや口腔ケアに伴う刺激は、運動野や感覚野の3分の2に伝わることになります。

つまり、口を機能させることによって脳の幅広い領域に刺激を与え、血の巡りをよくすることで、脳が活性化すると考えられます。

予防歯科を実践して…噛む力UP!長寿と歯

201506

歯を残して機能させれば、寿命ものびる!?
永久歯は通常、親知らずを除くと28 本あります。このうち10 本を失うと、とたんに食べ物をかみくだく「そしゃく」効率が悪くなるといわれています。
国と日本歯科医師会は1989年から「80 歳になっても歯を20 本残す」ことを目標に掲げた「8020運動」を推進してきました。そのかいがあり、1999年には15.3%だった達成率が2011年には38.3%にまで向上しています。

歯が残っていると、自分の口で食事ができます。よくかんで味わって食べることができれば、食事が楽しくなり、家族や友達との会話も弾みます。気持ちが明るくなれば、生活全般によい影響を与えます。しっかりかむことで、消化器の負担も減らせます。
実際、歯の数と寿命には関係があるようで、残った歯の数が多いほど長寿の傾向があることが、大規模な観察研究によって報告されています(図参照)。
ところで、長生きでしっかりと歯が残っていても、高齢になると口の機能が衰えるため、別の問題が表面化してきます。

まず、口腔内の自浄作用が弱まって、虫歯菌や歯周病菌が殖えてきます。さらにのみこむ力が弱まると誤嚥しやすくなり、口腔内の菌が肺に入って肺炎を起こす危険性も増します。また、口の機能低下により摂取する栄養の低下はサルコペニア(加齢に伴う筋肉の衰え)悪化の要因にもなります。
健康寿命をのばすには、歯を残すだけでなく、口をしっかり機能させることが必要なのです。

※厚生労働省が1957年から6年ごとに実施している「歯科疾患実態調査」をもとに、80 歳における8020達成率を推定。

口の不健康は、全身の病へと発展する!?
「8020」の達成者は自立度が高く、要介護状態になりにくい傾向がみられます。歯が抜けてかみ合わせが悪いと、体のバランスが崩れて転倒しやすくなります。反対にいえば、歯がそろっていてかみ合わせがしっかりしている人は転倒・骨折のリスクが少ないのです。
虫歯や歯周病が糖尿病の悪化原因となったり、脳梗塞や心筋梗塞の引き金になるという考え方も出てきています。一方で歯の数が確保できれば、そしゃく力を維持できるため、認知症発症を抑制する可能性や唾液量が保てるので、誤嚥性肺炎の予防につながるなどの意見もあります。口の健康と全身の健康との関連性は、現在とても注目されているところなのです。

え!!日本の予防歯科は遅れてる!?

え!!日本の予防歯科は遅れてる!?

皆さんはいつ歯科医院に行かれますか?
大抵の人は、歯が痛くなってからなどの何らかの症状が出てきてから歯科医院に行かれるのではないでしょうか。症状
が出てきてからでは、状態が進行していて手遅れになることも…。手遅れになる前に、予防歯科に取り組みましょう。

そもそも予防歯科って??
予防歯科とは、むし歯などになってからの治療ではなく、なる前の予防を大切にすることです。

健康な歯とお口でいるために「予防歯科」
歯とお口の健康を積極的に守るため、歯科医院などでの「プロケア(プロフェッショナルケア)」、歯科医や歯科衛生士の指導に基づいた毎日の「セルフケア」の両方で、「予防歯科」を実践しましょう。そのためにも、歯科医院での定期的な検診が大切です。

冬、お肌だけでなく、お口も乾燥しています

2015_03_01_01

お口の中が乾くこと『ドライマウス』と言います。

口の中が乾燥する「ドライマウス」は、口の乾きとそれに伴う痛み、ネバネバ感、味覚の異常、違和感などの不快症状を感じます。

口の潤いを正常に保つのは唾液の役割です。成人の場合、1日におよそ1.5ℓの唾液が分泌されており、これが減少したり過度に蒸発したりするとドライマウスの症状が現れます。

唾液の分泌量が低下する主な原因には、加齢のほか、ストレスやうつによる自律神経の乱れが挙げられます。糖尿病やシェーグレン症候群といった病気の症状の一つとして唾液が出にくくなることもあります。鼻の病気などに伴う開口癖、口呼吸によって唾液が蒸発しやすい状態になり、乾きを感じる人もいます。

特に多いのは、ストレスやうつによるドライマウスです。人前で話すときなどに緊張して口の乾きを感じることがありますが、これは緊張で交感神経の働きが強くなり、唾液中の水分が減るために起きる現象です。ストレスがかかると交感神経が強く働くため、口の中が乾きやすくなります。

唾液力アップ!目と舌回しエクササイズ 口元筋トレ法②

口呼吸が引き起こす 口の中の乾燥は 体に悪いことだらけ!

口呼吸が引き起こす 口の中の乾燥は 体に悪いことだらけ!

口元の筋トレは、鼻呼吸のトレーニングにもなります。口呼吸だと風邪をひきやすくなるうえに、虫歯や歯周病発症の原因にもなります。それを防ぐため、口のまわりの筋肉を鍛えて、口をしっかり閉じましょう。顔全体のリフトアップにも効果があることがわかりました。

口元のトレーニングだけでも十分な効果がありますが、それにプラスして目も一緒に動かすと、口のまわりの筋肉(口輪筋)と、目のまわりの筋肉(眼輪筋)が同時に鍛えられ、顔全体が活性化します。それと同時に、舌で小唾液腺を刺激するため、唾液の分泌も活発になり、唾液には抗菌作用があるので、食後すぐに行えば虫歯や歯周病の予防にもなるなど、まさに一石二鳥です。

唾液は量も必要ですが、質のよさも大事です。唾液は血液から作られるので、血液がきれいな人は唾液もきれいです。
その血液は食べ物から作られるため、やはり基本は食生活とういうことに。バランスよく栄養素をとり、しっかりと噛んでから飲み込むことが大切です。

口の中が乾いたり、上唇が前歯に張り付いたりすることがある人は、唾液量が減っている可能性があります。口の中の乾燥は、口臭の原因にもなります。ぜひ目と舌回しエクササイズを習慣にして、唾液量を増やしていきましょう。