80歳で20本歯を残そう~健康は元気な歯から~


何でもかみ、おいしく食べられることは、いつまでも若々しくいるために欠かせない条件です。

糖尿病、心臓病……。歯周病は万病のもと

歯を失う原因のトップである歯周病は、歯の問題だけにとどまらない病気です。歯周病の炎症によってできた有害物質や歯周病菌そのものが、血液を介して体のすみずみかで広がり、糖尿病、心筋梗塞、狭心病、脳梗塞、骨粗しょう病、免疫機能低下など、さまざまな全身疾患の引き金になるからです。

なかでも糖尿病の人は特に注意が必要です。「歯周病は糖尿病の6番目の合併症」といわれ、糖尿病の人はそうでない人の2倍以上歯周病になりやすく、歯周病になると糖尿病も悪化し、糖尿病が悪化すると歯周病も悪化するという相互関係にあります。逆に歯周病が改善すると、糖尿病の症状も改善していきます。

心筋梗塞、狭心症といった心臓病、脳梗塞、動脈硬化といった病気のリスクは、歯周病はでない人に比べ2〜3・6倍という研究結果があります。動脈に血栓が発生して血管が詰まる原因のひとつに、歯周病菌に血液中の血小板を固める作用があるからで、心臓の手術をしたとき、歯周病菌がたくさん出てきたという話もあります。歯周病を口の中の病気として軽く考えることは危険です。

歯を失う原因は「虫歯」と「歯周病」

年齢が高くなれば、歯はしぜんに抜けるもの」と誤解していませんか?歯を失う原因の4割を占めるのは歯周病、3割は虫歯によるものです。つまり7割は「虫歯」と「歯周病」によって歯を失ってしまうのです。

虫歯はミュータンス菌などが出す「酸」が原因です。この酸が歯の表面のエナメル質を溶かし、その下にある象牙質や歯髄まで進行します。とはいえ、子どものようにエナメル質が弱ければ虫歯になりやすいのですが、大人になるとエナメル質は硬くなっているため、新たに虫歯になることは多くありません。むしろ、治療で入れた詰め物やかぶせ物のわきから少しずつ進んでいく「二次虫歯」や、年齢とともに歯肉が下がってくるために、歯の根が削られる「根面う蝕」が中心になります。

歯周病は、世界一、患者が多いといわれる病気です。歯と歯肉の境目にある「歯周ポケット」に歯垢(プラーク)や歯石がたまり、そこから出る毒素によって歯肉に炎症が起き、進行が進むと歯根膜、歯槽骨まで破壊されてしまい、歯が抜け落ちる病気です。

むし歯や歯周病を予防!定期検診でしっかりチェック!

会津の歯医者 渡辺ゆうぞう歯科クリニックの「お口の相談室」

201611

お口の中の健康を保ちむし歯や歯周病を予防するためには、定期的なメンテナンスが大切です。
歯のさまざまな疾患を予防し健康な歯を維持していきましょう!

定期検診を受けることでこんなメリットが!

  • 早期発見早期治療ができる
  • 徹底したクリーニングが受けられる
  • 悪くなってから治療するより費用がお得
  • 正しいブラッシングが学べる

どのくらいの間隔で受ければいいのでしょう?
一般的に言って3ヵ月~6ヵ月ごとの検診をおすすめします。
お口の状態により異なりますので歯科医師にお気軽にご相談ください。

素朴な疑問 !? なぜ治療は一度でできないの?

会津の歯医者 渡辺ゆうぞう歯科クリニックの「お口の相談室」

201610

歯医者の治療は何回も通わなければならないから大変。なぜ一度に時間をかけて早く終わらせてくれないのだろう」そんな疑問をお持ちの方は意外に多いようです。

むし歯の場合、軽いものであれば一日で治療を終了することもあります。しかし、むし歯が進んでいるほど、治療には時間がかかってしまいます。

例えば、むし歯が「神経」まで達している場合、神経を残せるのか、取らなければならないのかの判断をしなければなりません。ここで数日かかることもあります。また、歯の痛みが激しいときには、長時間治療することで歯を刺激してしまい、さらに痛みがひどくなってしまうことがあります。このような時には一回の治療時間を短くして、少しずつ治療していく方がよい場合もあります。

■ 何度も消毒する必要があるときも
次に、神経を取った場合ですが、病巣が根っこの先にまで達しているようなら、細菌を減らして再発の恐れがなくなるまで何度も消毒を繰り返さなければならないケースもあるのです。

ここでの治療をいいかげんにしてしまうと、後で痛みが出てしまう可能性があります。

さて、神経の入っていた空間がきれいになると、次はその空間を密閉し、いよいよ被せ物の型取りに入ります。ここでも、むし歯がひどくて削った部分が大きい場合は、被せ物が安定するよう、支台を入れなければなりません。その支台のための型取りに、一回余分に通院していただくことになります。

誰もが忙しい現代社会の中で、歯の治療に何度も通うのは大変ですが、後で痛みが出てやり直しということになると、かえって治療が長引いてしまいます。あせらず、根気よく治しましょう。

虫歯のメカニズム バイオフィルムとは?

会津の歯医者 渡辺ゆうぞう歯科クリニックの「お口の相談室」

201609

歯の表面は常に唾液でおおわれています。そして唾液が歯の表面のエナメル質にふれているかぎり虫歯にはなりません。唾液には、さまざまな作用がありますが、その一つが清浄作用です。口の中の細菌や食べもののかすを洗い流してくれるのです。

ところが、ミュータンス菌が口の中にいると、砂糖という「えさ」を得て、唾液をさえぎる膜のようなものを歯の表面に作ってしまいます。この膜を「バイオフィルム」といいます。

歯の表面にバイオフィルムができてしまうと、歯のエナメル質が唾液にふれることができなくなり、唾液による清浄作用がきかなくなります。そのため、バイオフィルムで守られた内側は細菌が繁殖しやすい環境になります。

ミュータンス菌は、バイオフィルムの中で、食べものなどから糖分を吸収して、自分が生きていくためのエネルギーを作り出します。この過程を「発酵」といい、糖は最終的に乳酸や酢酸、エタノールにまで分解され、外に放出されます。ところがバイオフィルムが育ってくると、できた酸(最も多いのは乳酸)は外に放出されずに、バイオフィルムの中に残り、歯のエナメル質を溶かしはじめます。

エナメル質の破壊は狭い範囲で深く進みますが、比較的柔らかくおかされやすい象牙質にまで達すると奥に広い穴が作られれるようになります。こうして虫歯の穴が大きくなると、熱いものや冷たいもの、甘いもの、すっぱいものの刺激によって歯髄(歯の中心にある神経の集まっている部分)が充血し痛みを伴うようになります。

さらに象牙質にある象牙細管を通って歯髄に細菌が感染し、炎症を起こすと歯髄炎になります。この段階になると、今まで一時的に歯がしみたり、食べものがはさまると痛みを感じていたのが、突如猛烈に痛み出し、まわりの歯がすべて悪くなったように感じられたりします。

歯磨きと唾液ケアで むし歯予防

会津の歯医者 渡辺ゆうぞう歯科クリニックの「お口の相談室」

201608

お茶や水で食べ物を流し込まない

今の日本では、レストランで必ず水やお茶が出てきて、水分と一緒に食事をとることが当たり前のようになっています。しかし、かつての日本の食事では、よく噛んで唾液をしっかり出し、唾液と一緒に食べ物を飲み込んでいました。よく噛まずに、水やお茶で流し込む習慣は意識してやめるようにしましょう。

食材を工夫して噛む回数を増やす

唾液を出しためには、口の周りの筋肉が発達していることが大切です。
その筋肉を発達させるのが、簡単に飲み込める状態にならない、噛みごたえのある食材です。左に紹介する食材をふだんの食材に取り入れてください。また同じ食材でも、煮込みすぎない、細かく切りすぎないなど調理法を工夫することも大切です。

前歯をしっかり使って食べる

食事は、床に足をつけ、正しい姿勢で食べましょう。なぜなら、姿勢が悪いと重心が傾き、前歯と奥歯を使って噛めなくなるからです。姿勢が悪い人や奥歯だけで噛む癖のある人は、前歯を使わないため、唾液が出にくくなります。両足を床にしっかりつけ、正しい姿勢で、前歯を使って食べることを心がけてください。

歯の根元部分に出来やすいむし歯

加齢や歯周病などによる歯肉の退縮。歯茎が下がると、それまで、歯肉に守られてきた歯の根元部分がむき出しになります。
歯の根元部分は、歯冠部のエナメル質に比べて軟らかい構造で、歯の根元部分がむし歯(歯根面う蝕)になりやすいのです。

治療から予防へ!虫歯は感染症 -丈夫な口でいる-

会津の歯医者 渡辺ゆうぞう歯科クリニックの「お口の相談室」

201511

失った歯は、二度ともとに戻らない。だからこそ予防に力を入れて。

歯は体のほかの器官と違って、一度ある程度のムシ歯や歯周病にかかってしまうと、自然治癒するということはありません。ましてや、削ったり抜いたりした歯は二度ともとに戻らないもの。

予防は、家での歯みがきや食生活に気をつけるとともに、ムシ歯や歯周病の初期は、自覚症状が少なく、自分ではわかりにくいもの。発見が早ければ、治療も簡単に済みます。
ムシ歯になりやすいなどの口の中のリスクは人によって違います。

虫歯は感染症

ウイルスや細菌、寄生虫などの微生物が体内に侵入して、臓器や組織の中で増殖することを「感染」といい、その結果生じる病気を感染症といいます。

SARSやエイズなどのように人から人へ伝染する病気のことを伝染性感染症、膀胱炎や破傷風などのように伝染しないものを非伝染性感染症といいます。

虫歯は、〝だえき〞を介して伝染する感染症なのです。

赤ちゃんの口の中には虫歯菌はいません。赤ちゃんには歯がないから当たり前だと思うかもしれませんが、虫歯の原因となるミュータンスレンサ球菌が本当にまったくいません。

1994年にスウェーデンで、お母さんの歯をきれいにすることによって、赤ちゃんの虫歯菌の感染を減らすという試みが行われ、その結果お母さんの歯をきれいにするだけで、赤ちゃんの歯を虫歯から守ることができました。このことから、お母さんが感染源であったと考えられるのです。

赤ちゃんが離乳食を食べ始めた時期に、自分の唇にスプーンをあてて食べものの温度を調べたりしませんでしたか?

食べやすい大きさにするために自分の口の中で噛み切ってから赤ちゃんにあげたりしませんでしたか? 赤ちゃんの手が食べもので汚れたとき、舐めてきれいにしてあげたことはありませんか?

何気なくしていたことから、赤ちゃんに虫歯菌をうつしていたというわけです。お母さんだけではありません。お父さんやおばあちゃん、家族のほかに保育者などの大人の口から感染して、子どもの歯に虫歯菌が棲みつくようになるのです。

恋人同志でも同じことがいえます。

虫歯のみならず歯周病も同様です。定期的に歯科へ行くことは、生涯の健康寿命を延ばすことになるというデータも昨今出ています。

丈夫な口でいることは自立的な生活をおくる要です。

50代~60代こそなりやすい おとなの虫歯 -丈夫な口でいる-

会津の歯医者 渡辺ゆうぞう歯科クリニックの「お口の相談室」

201510-2

子供から大人まで、多くの人が悩まされる虫歯。実は大人には、特に虫歯になりやすい時期や部位があります。虫歯になりやすい年代には、子供時代を含めて3つのピークがあります。大人の場合、仕事が多忙で歯科医院に行きそびれがちな30代、さらに『二次う蝕』や『根面う蝕』のリスクが高まる50〜60代にピークを迎えます。

虫歯は正しくは「う蝕」といいます。口の中にいるミュータンス菌が食後の口の中で歯垢を作り、そこでできた酸が歯を溶かすことで発生します。大人に多い「二次う蝕」とは、治療済みの歯に詰めたものの周囲に起きる虫歯のことです。治療から長い時間を経て詰め物と歯との間に隙間ができ、歯垢がたまりやすくなることが原因になります。

もう一つの「根面う蝕」は、歯と歯茎との境目にできる虫歯。歯周病や歯の磨き過ぎで歯茎が下がると、エナメル質に覆われていない歯根が露出し、歯根を覆っているセメント質は間もなく取れて、軟らかい象牙質がむき出しになります。この露出部分は弱い酸でも溶けてしまうため、虫歯になりやすいのです。根面う蝕は、その発生のメカニズムから、特に高齢者に多いのが特徴です。若い頃に治療済みの歯がある人や歯茎が下がってきている人は、こうした大人の虫歯ができるリスクが高いといえます。

大人の虫歯は歯のエナメル質が成熟しているので、虫歯になっても進行が遅く、痛みをあまり感じないままじわじわと進みます。二次う蝕の場合には、過去の治療で神経を抜いた歯は痛みを感じないため、気づいたら虫歯にかかり進行していた、というケースが少なくありません。また、根面う蝕は歯根の周りで輪状に進むため、ほかの虫歯に比べて治療の難易度が高くなります。大人の虫歯の遠因として、注意したいのが知覚過敏です。

知覚過敏は、歯茎が下がって象牙質が露出することによって起きます。冷たいものや歯ブラシによる刺激が、露出した象牙質から象牙細管を通って神経に届くことで痛みを感じます。酸に溶けやすい部分が露出していることに加え、知覚過敏でしみるため、ブラッシングもおろそかになりがちです。

知覚過敏は、リン酸カルシウムなどの薬剤を塗布することで治療できます。
虫歯を予防するには、毎日のケアを怠らず、定期的に歯科医のチェックを受けましょう。

酸性の食品は歯が溶けやすい

2014_08_02

唾液の分泌量が減り、口内が乾いてしまう「ドライマウス」が増えています。

唾液には、抗菌作用や自浄作用など口の中の健康を守る働きがあるため、ドライマウスで唾液が少なくなると、虫歯や歯周病になりやすくなり、口臭なども引き起こし、全身の健康にも大きな影響を及ぼしかねません。

そこでドライマウスの人はもちろん、お口の中の健康のために唾液をしっかり出したいという人におすすめしたいのが、耳下腺や顎下腺といった唾液のタンクを刺激する簡単なマッサージです。どれも即効性のあるマッサージなので、すぐに口の中が潤ってくるはずです。

ほかにも唾液の分泌を促すために、次のようなセルフケアをおすすめします。

  • 唾液のもとである水を十分にとる。
  • カフェインには利尿作用があり、口内の乾燥を招きやすいため、お茶を飲みたいときは、コーヒーや紅茶よりも、カフェインレスのハーブティーを選ぶ。
  • ストレスなどで交感神経が優位だと唾液の分泌が妨げられるので、副交感神経優位の時間を作るために、ぬるめのお湯でゆったり入浴する。
  • 唾液腺を刺激し活性化させるために、繊維質の多い食材を使った食事を、1日3回よく噛んで食べる。
  • キシリトールガムまたはタブレットを食前にとることで、唾液の分泌を促す。

保険で治す「むし歯」修復の概略

2012_11_01

なるべく早期発見早期治療が、負担(体にも、お財布にも)が少なく治療できます。

むし歯はカリエスと呼び記号Cで現します。C1~C2初期はコポジットレジン充填(CR充填)で修復。C2~C3初期になると、インレー修復、又は、クラウン修復になってしまいます。C3も深刻になると神経の髄室まで達していて根の治療を行い細菌撲滅後、根管ヘメタル・コアという金属の土台を入れてからクラウン修復をします。

ぴったりと合った部分的入れ歯を装着するための大切な要素

2012_10_01

むし歯や歯周病が進行して抜かざるを得ず失った歯がある口は、きちんと噛めるよう機能を回復させておくことが、体の老化や疾病の予防になります。

先月号のブリッジで補えない場合、部分的な入れ歯(一本も歯がなければ総入歯)を装着しての機能回復になります。