健康ライフに必要な入れ歯「いつまでも 美しい歯を保つために」

1、入れ歯は正しく洗いましょう。

入れ歯は、正しい手入れをしないと、長持ちしないばかりでなく、汚れて独特のいやな臭いがしてきます。さらに口の中が赤くなり、炎症をおこしてきます(義歯性口内炎)。これを防ぐためにまず、毎食後は必ず入れ歯をはずして、主治医の指示を受けた(入れ歯用)ハブラシで洗うようにしましょう。

この場合、歯磨剤はつけないでください。これでゴシゴシ磨くと入れ歯材料のプラスチックがすりへります。水を流しながら、軽く食べかすをはらう程度にしましょう。

2、夜、寝ている間に入れ歯の消毒。

主治医の指示がない限り、寝るときは入れ歯をはずしましょう。はめたままではお口が休まる暇がありません。はずした入れ歯は、入れ歯洗浄剤を溶かした水に一晩浸すことが最良です。一日使った入れ歯には目に見えなくても汚れがついています。その汚れはカンジダという真菌(カビの一種)が主体ですが、これが義歯性口内炎などの原因となるものです。

それで特にカンジダ菌を殺菌・溶菌する酵素の入った入れ歯洗浄剤を使用しましょう。これを溶かした水の中に浸しておくだけで消毒され、入れ歯についた特有の臭いもなくなり、清潔になります。

夜、はずしておくと、翌朝はめたとき少し違和感がありますがすぐに慣れてきます。そこで朝起きてすぐに入れ歯を洗ってはめてください。

お食事までにしっくりと落ち着き、おいしく朝食を頂けます。これを毎日くりかえすことが必要です。

なお、寝ているときに入れ歯をはずすことにより、かえって顎が疲れるときには、一日のうちの数時間は入れ歯をはずし、口の中を安静にしましょう。そのときに入れ歯をきれいにすることです。

3、残っている歯と歯ぐきもていねいにお手入れを…

入れ歯をしていると、歯も汚れやすくなってきます。自分の歯と歯ぐきは毎食後ていねいに磨きましょう。入れ歯と自分の歯を常に清潔に保つことは、虫歯や歯周病(歯槽膿漏)の予防になり、結果として、入れ歯をより長く気持ちよく使うことができるのです。
あなたの歯のこんなところが汚れますので十分磨いて下さい。

4、入れ歯を守るのはあなた自身です。

入れ歯は、健康を守るために必須のものです。一般的に入れ歯は、高齢者の方というイメージが多いかも知れませんが、そうではありません。手遅れになった歯周病や虫歯等で歯を失ったり、事故で歯を失ったりして必要になる一つの大切な治療法です。

入れ歯は慣れてくると、体の一部のようになってきます。入れ歯の手入れ、点検を怠らないことは、もちろん大切です。また、病気などをすると、口の中にも当然影響が出て入れ歯にも支障をきたします。

何か問題があれば、遠慮せずこまめに歯科医師に相談して下さい。これらのことを心がけて、あなたの入れ歯で、心豊かに健康な毎日を過ごしましょう。

健康ライフに必要な入れ歯「入れ歯のトラブルを防ぐには…」

1、食べやすいものから歯ごたえのあるものへと、筋肉を鍛えます。

徐々にしっかりかみしめたり、かみくだく固い物等を取り入れ、豊かな食生活を獲得します。多種多様の食物をよくかむことで、食事に必要な(摂食する・飲み込む)ことにかかわる筋肉をきたえてくれるのです。
「かむ」ことは、そして、よく話し笑うことは、顔面を構成する筋力トレーニングといって過言ではありません。

2、大切に取り扱うことがいちばんです。

●不必要に入れ歯を唇、舌等でいじらないようにしましょう。
●ヤスリでけずったり、ペンチで曲げたり、自分で調整しないようにしましょう。
●はずしたときは、水の中に入れましょう。乾燥するとゆがんで合わなくなります。
●合わない。食事しづらいと、はめない時間が長くなり、型を取った時の歯並びが変化し、入れ歯が入らなくなったり、一層合わなくなったりします。
●かたいものの上に落としたり、熱湯をかけたり、火に近づけないようしましょう。割れたり、変形したりします。
●洗うときは、落としてもよいように、低い位置でしましょう。水をはった洗面器やタオルを敷いた上で洗うのもよいでしょう。

3、こんな場合は歯科医師に…

入れ歯は人によって形がちがうものですから、落ちつくまでに何回かの微妙な調整が必要な場合があります。市販の入れ歯安定剤の助けをかりるなどして無理に使わないでください。次のような時は必ず主治医に相談しましょう。
1、入れ歯があたって歯ぐきに傷がついている時。
2、舌や頬の内側をよくかむ時。
3、極端に発音がしにくい時。
4、食物が非常にかみにくい時。
5、食事中や会話、また笑ったり、あくびしたりして大きく口を開けると入れ歯が落ちる時。
6、糖尿病や大きな病気をした後、入れ歯が合わなくなった時。
受診の時は、少なくとも1日前から入れ歯を使って、主治医が口の中の状況を診られるようにしておきましょう。

4、定期検査は必ず受けましょう。

入れ歯というものは、ある日数をかけて作るので、また、各個人1人1人の状態の変化もあるので、はじめて入れたときには、そのままでなく、数回調整しなければいけないものです。
また私たちの顎の形は、常に少しずつ変化しているので、ゆるんでガタついた入れ歯をはめていると、不便な上、見た目も悪いだけでなく、顎の骨を保護する上でもよくありません。このようなことから、1年に1度か2度は必ず主治医のもとで定期検査を受けてください。

健康ライフに必要な入れ歯・まず入れ歯に慣れましょう

1、入れ歯をはめる前に…
まず、入れ歯をはめる時は、水で一度ぬらしてください。入れ歯のはめはずしは、手指でていねいにしましょう。
慣れると簡単にできますが、最初は鏡を見ながら、はめはずしの練習をしてください。

2、初めての入れ歯は…
いままで口の中になかったものですから、初めは気になってはずしたくなりますが、まず1日我慢して入れてください。
実際問題として、
・唾液が出やすくなる
・歯や歯肉が少ししめつけられるような感じがする。
・話しにくい。
・熱や味覚に対して少し鈍感になる。
・気持が悪くなったり、吐き気をもよおすことがある。
というようなことがおこります。これらは慣れようとする自分の気持と主治医による微調整で解決していきます。

3、大切なのは、練習と慣れです。
例えば、新しい靴を足に合わせて使用しても、靴ズレができるのですから、口の中のやわらかい粘膜の上にかたい入れ歯をはめて、うまくかめるようになるには、トレーニングが必要です。手足を失い義手や義足をトレーニングで使いこなすように、義歯(入れ歯)も同様です。トレーニングを続けるなかで、微調整を繰り返し体の一部の臓器になります。

上手なトレーニング方法

1、食事練習
最初は、やわらかい物や、小さく切った物を奥歯でゆっくりかんでください。入れ歯の前歯でかむと、入れ歯が動いたり、前歯部の粘膜や顎の骨に負担がかかり過ぎることがありますので注意しましょう。奥歯で左、右と両側均等にかむようにしてください。
痛みがあれば、主治医に言って治してもらいましょう。だんだんかたい物、大きな物にうつして行く段階で、主治医とよく相談して、調整を繰り返して、かなり慣れるには1ヶ月、ほとんどのものが食べられるようになるには3ヶ月程の期間を要するでしょう。無理な使い方を避けて、一つ一つ段階を経て練習を続けていくことが大切です。

2、発声練習(アナウンサーになったつもりで!)
入れ歯をしてごく初めのうちは、話しにくく、また自分の声でないような感じがしますが、これはまもなく慣れてきます。まず、発音しにくい「サシスセソ」「タチツテト」などの発声練習をしましょう。また、大きな声を出して、新聞や本などを読むのも早く慣れるための練習の方法です。はっきり言えるようになるまで繰り返し続けてください。さらに、練習中鏡の前で、顔の表情を観察してみるのもいいでしょう。いつのまにか歯が抜けたままのときよりもよい発音ができるようになります。

心豊かに健康な毎日を~義歯(入れ歯)の豆知識

健康ライフに必要な入れ歯(デンチャー)

「入れ歯」というとイメージで、年寄りじみたという気がしないでもありません。
しかし、なくなった歯を補い、入れ歯によって、これからの暮らしを快適にする「健康」のほうがもっと大切です。
入れ歯の正しい使い方や手入れを行い、入れ歯を使いこなして健康な五体で毎日をおくりましょう。

1、楽しい食生活に欠かせません。
歯が抜けたまま放っておくと、食べ物をよくかむことができません。そのため、やわらかい物、小さい物など食べられる物が限られてきます。食卓を囲んでの一家団らんの輪の中に入れないことにもなります。そして、このままでは食欲もなくなり、健康を維持することができません。入れ歯を上手に使いこなすことによって、食べ物がよくかめて、楽しくおいしく食べることができるようになります。そして、多くの人達とグルメを通じての楽しみの輪が広がります。

2、若々しさを保ちます。
歯が抜けたままで放っておくと、口元に張りがなくなってしわができ、だんだん不自然な老けた顔つきになります。入れ歯によって、容貌が回復し、自信を持って明るい社会生活を送ることができるようになるのです。すぐれた技術と材料で作られた入れ歯は、以前と変わらない容貌を復活させ、生活にハリを与えます。

3、明るい会話がはずみます。
特に前歯は、1本でも抜けると、その間から空気がもれて、うまくしゃべることができなくなります。
歯が抜けたままのときに、もどかしく思われた会話も入れ歯によってスムーズにできるようになります。会話は、食生活と同じくらい、私たちの生活、特に、お付き合いには欠かせないものですから、入れ歯の果たす役割は、大変重要です。

4、残っている歯と歯ぐきを守ります。
歯は全部そろっていてこそ、その役割を十分に果たすものです。それが1本でも欠けたままにしていると、残りの歯に負担がかかり、健康な歯まで早くダメになってしまいます。
また、歯が傾いたり、かみ合っていた相手の歯が、のびたりして全体のかみ合わせが狂ってきます。
さらに、口が開きにくくなったり、顎の関節が痛くなったりすることもあります。残っている歯と顎や口全体を健康に保つためにも、入れ歯は重要なものです。

ムシ歯・歯周病の原因は?

ムシ歯・歯周病を予防するために大切なこと。それは、ブラッシングです。
健康な歯を実現するために、あなたに合った正しいブラッシングを習得しましょう。

口臭や歯ぐきからの出血。その多くは、歯周病が原因です。

歯周病は歯と歯ぐきのスキ間にたまった歯垢とその中にいる細菌がひき起こす病気。
口臭や歯ぐきからの出血、さらに歯ぐきの色が悪くなるのも歯周病が原因のひとつといわれています。

ムシ歯予防・歯周病予防。それはまず、毎日のケアで確実に歯垢をとること。

せっかく歯科医院で治療を受けても、正しいみがき方ができていないとお口の中はどんどん悪くなります。
お家で行う「ホームケア」=「歯みがき」。
これが大事なポイントです。

知っているようで、 意外と知らないオーラルケア

ブラッシングの役割は、ムシ歯や歯周病予防だけではありません

● 味覚が鈍くなることを防ぐ。
● 唾液腺に刺激を与え、自浄作用を高める。
● ブラッシング動作によるリハビリテーション効果が期待できる。
● 食欲の亢進が期待できる。

この習慣にご注意を…
「洗浄液で口腔をすすぐのでブラッシングは必要ない」、「胃瘻を行っているので口腔内に菌は繁殖しないからブラッシングは必要ない」…などと言われることもありますが、洗口液では、プラークやバイオフィルムの物理的な除去は困難です。食べカスのない口腔環境でも菌は繁殖するので、ブラッシングはとても大切です。

歯磨剤は、ブラッシングの後に用いる

歯磨剤の役割は、あくまでブラッシングの補助です。はじめから歯磨剤をつけてブラッシングをすすめないこと。歯磨剤に含まれる香料や発泡剤のスッキリする感触で磨いたつもりになってしまい、正しいブラッシングができていない場合があります。
しかし、歯磨剤には殺菌や歯質強化など、ブラッシングだけでは得られない効果もあるので、歯磨剤は正しいブラッシングを行った後に用いて、ブラッシングの相乗効果を高めましょう。

むし歯予防の強い味方「フッ化物配合歯磨剤」

世界中で小児のむし歯が減ったのはフッ化物配合歯磨剤の普及が貢献

フッ化物配合歯磨剤のフッ素は、初期むし歯を再石灰化で修復したり、歯のミネラルが溶け出さないよう歯を強くしたり、プラークが酸をつくるのを防ぐ働きがあります。
脱灰しやすい食事の後や就寝前にフッ化物配合歯磨剤でフッ素を供給することは、最も合理的なフッ化物の応用法なのです。

象牙質(歯根部)むし歯は、なぜできる

歯肉が下がって、お口の中に歯の根が露出した部分はむし歯ができやすい
歯周病、咬み合わせ、強すぎる力での歯みがきなどで歯肉が退縮し、歯の根(歯根)が露出します。歯根部(象牙質)は、歯の上部構造(歯冠=エナメル質)に比べて酸に弱いためむし歯になりやすく、急激に進行するのが特徴です。
また、歯根部のむし歯は治療が難しい場合が多く、歯の根が見えたら、徹底したむし歯予防が必要です。

むし歯予防ケア


むし歯は、乳幼児から高齢者まで、歯を失う大きな原因の1つです。
リスクに合わせたプロケアとセルフケアでむし歯を予防し、QOL(生活の質)の低下を防ぎましょう。

食事の度ごとに初期のむし歯(脱灰)はできている

食事や飲物の糖分をプラークが分解して作った酸で、エナメル質からカルシウムやリンといったミネラルが溶け出す「脱灰」がおきます。通常は、唾液が酸を中和し、溶け出したミネラルを歯に補給する「再石灰化」が起きて、むし歯になるのを防いでいます。
この脱灰と再石灰化のバランスが脱灰に傾くと、むし歯が発生します。
ダラダラ何かを食べていると、このバランスがくずれます。
歯みがきは、食後のプラークを取り除くためのもの。ゴシゴシこすったり、歯を白くする研磨剤入りの歯みがき剤を常用すると、エナメル質の表面に傷がつき、細菌がその傷の中に入り込みます。
食事後の正しいブラッシングで、プラークが除かれ、次の食事までの間に唾液が再石灰化をすすめています。

意外に知らない歯みがきの基本

むし歯や歯周病の直接の原因は「歯垢」です。
歯みがきは、主にこの「歯垢」を落とすために行います。
自分に合ったみがき方や道具選びなど、歯科衛生士に相談しながら歯みがき上達の4つのポイントを心がけてみがきましょう。

正しいみがき方と歯みがき習慣を

食べたらみがこう

食事の後、すぐにみがいたほうが汚れが落ちやすくなります。食べたらみがく習慣を身につけると、ダラダラ食いもなくなり、食生活の改善にもつながります。

鏡で見ながらみがこう

ちゃんと歯ブラシが歯に当たっているか、汚れは落ちているかを鏡で確認しながらみがくことで、みがき残しがなくなり汚れも確実に落とせます。

トレーニングをしてみよう

上手にみがくために、たとえば鉛筆で歯に印をつけて歯ブラシで落してみましょう。きちんと先が当たって、こする力加減も良いと4~5回で落ちます。

時間をかけてみがこう

1日1回はじっくり時間をかけてみがきましょう。ていねいにみがくと5~10分はかかります。就寝前に行いましょう。

意外に知らない歯みがきの基本

たいていの人が習慣的に行っている「歯みがき」ですが、そもそも「磨いている」と「磨けている」は違うのです。基本的な磨き方をしっかりマスターしていれば、ご自分のお口の中に合った応用も正しいものになります。

歯ブラシの基本的な使い方

磨く時は、歯の表面に直角に毛先を当てることが大切です。しかし、歯の表面は曲面なので、磨こうとする場合に応じて歯ブラシを当てる部分も工夫が必要です。毛先を3つの部分に分けて使うと磨きやすくなります。

強くこすらず、こきざみに

力を入れて歯ブラシを押しつけると、毛先が開いてしまい、正確に歯の表面に当たりません。また、強くこすると歯肉を傷つける原因にもなります。軽い力でこきざみに歯ブラシを動かしましょう。磨こうとする歯の面に直角に当て、軽い力でこきざみにこするのが歯垢を確実に、簡単に落とす方法です。