80歳で20本歯を残そう~健康は元気な歯から~


何でもかみ、おいしく食べられることは、いつまでも若々しくいるために欠かせない条件です。

糖尿病、心臓病……。歯周病は万病のもと

歯を失う原因のトップである歯周病は、歯の問題だけにとどまらない病気です。歯周病の炎症によってできた有害物質や歯周病菌そのものが、血液を介して体のすみずみかで広がり、糖尿病、心筋梗塞、狭心病、脳梗塞、骨粗しょう病、免疫機能低下など、さまざまな全身疾患の引き金になるからです。

なかでも糖尿病の人は特に注意が必要です。「歯周病は糖尿病の6番目の合併症」といわれ、糖尿病の人はそうでない人の2倍以上歯周病になりやすく、歯周病になると糖尿病も悪化し、糖尿病が悪化すると歯周病も悪化するという相互関係にあります。逆に歯周病が改善すると、糖尿病の症状も改善していきます。

心筋梗塞、狭心症といった心臓病、脳梗塞、動脈硬化といった病気のリスクは、歯周病はでない人に比べ2〜3・6倍という研究結果があります。動脈に血栓が発生して血管が詰まる原因のひとつに、歯周病菌に血液中の血小板を固める作用があるからで、心臓の手術をしたとき、歯周病菌がたくさん出てきたという話もあります。歯周病を口の中の病気として軽く考えることは危険です。

歯を失う原因は「虫歯」と「歯周病」

年齢が高くなれば、歯はしぜんに抜けるもの」と誤解していませんか?歯を失う原因の4割を占めるのは歯周病、3割は虫歯によるものです。つまり7割は「虫歯」と「歯周病」によって歯を失ってしまうのです。

虫歯はミュータンス菌などが出す「酸」が原因です。この酸が歯の表面のエナメル質を溶かし、その下にある象牙質や歯髄まで進行します。とはいえ、子どものようにエナメル質が弱ければ虫歯になりやすいのですが、大人になるとエナメル質は硬くなっているため、新たに虫歯になることは多くありません。むしろ、治療で入れた詰め物やかぶせ物のわきから少しずつ進んでいく「二次虫歯」や、年齢とともに歯肉が下がってくるために、歯の根が削られる「根面う蝕」が中心になります。

歯周病は、世界一、患者が多いといわれる病気です。歯と歯肉の境目にある「歯周ポケット」に歯垢(プラーク)や歯石がたまり、そこから出る毒素によって歯肉に炎症が起き、進行が進むと歯根膜、歯槽骨まで破壊されてしまい、歯が抜け落ちる病気です。

脳機能 かむことで回復-旭医大などマウスで実証-

柔らかいものを食べ続けると脳の機能が低下するが、硬いものを食べればその機能は徐々に回復することを、旭川医科大などの研究班がマウスの嗅覚の実験で実証した。

よくかむ必要がある固形飼料だけを与え続けた「固形マウス」と、かむ必要がない粉末飼料だけを与え続けた「粉末マウス」の脳の内部や行動などを比較した。

実験開始から1カ月後、固形マウスの脳室下層や嗅球には新たに作られた神経細胞が多く見られたが、粉末マウスでは少なくて神経をつくる能力が低かった。においに対する脳の興奮度をみると、粉末マウスは固形マウスより小さく、鈍かった。嫌なにおいがする通路を避けるかどうかの実験では、固形マウスは避けたが、粉末マウスは避けることなく、におい自体を感じないとみられる行動を示した。

ところがその後、粉末マウスのえさを変えて、固形飼料だけを3カ月間食べさせると、脳で作られる神経細胞が徐々に増えた。においに対する脳の興奮度は回復し、嫌なにおいを避ける行動を見せるようになった。

柏柳誠教授(感覚生理学)は「咀嚼が嗅覚に影響することが明らかになった」と、松田光悦教授(歯科口腔外科学)は「自分の歯でかむことが、脳機能を含めた健康に重要なことを示す結果だ」とそれぞれ話す。

いい歯の人ほど認知症にならず、長生きできる
「歯が悪くなっても病気ではないし、治療すれば何とかなる」と安易に考えていませんか?ところが近年の研究では、歯がいい人ほど認知症になる確率が低く、長生きであるというデータが出ているのです。

福岡県の80 歳の男女を対象にした研究では、ものをかむ「咀嚼」能力の低い人が、寝たきりや要介護状態になるリスクは、よくかめる(咀嚼能力の高い)人のなんと7.5倍、死亡リスクも2倍という驚くべき結果が出ています。歯が抜けたり、きちんと合った義歯を入れず、かむことに不自由する人は、やわらかいもの(炭水化物)中心の偏った食生活になり、たんぱく質やビタミン、ミネラル類が不足することが指摘されています。

また、かむ能力は、運動能力や脳の血流とも深く関係しています。加えて、歯がない人は表情や会話が乏しくなりがちで、心理的にも自信や意欲を失いやすいといわれています。

このように、歯の健康は認知症や長寿と深くかかわっています。今からでも歯をきちんとケアして「80歳で20本以上の歯を残す」ことを目標にしましょう。

“よく噛む”ことと“脳のリハビリ効果”の関係

噛んで食べる「咀嚼の」大切さ

よく噛むことで脳が活性化される
私たちは日常生活の中で“ 歩くこと” や“ 呼吸すること” と同じ様に無意識のうちに「咀嚼」を行っています。しかし、食物を噛み砕いて唾液を混ぜて飲みやすくするという行為は下あごの動きや、唾液の分泌、舌をうまく使うなど、極めて複雑な運動の組み合わせで行われています。

よく噛むことによる刺激

脳の血流が増加する
よく噛んで食べると、脳の血流が増加することが分かっています。特に、脳の神経の中の満腹中枢、弧束核(味覚中枢)、海馬(記憶に関与)、扁桃体(嗅覚やストレスにかかわる)、室傍核(自律神経の中核)などが活性化します。
つまり、よく噛むことで肥満を防止でき、記憶力をよくし、ストレスが解消されて心が安定する効果が期待できます。

ひいては認知症を予防することに!
記憶の形成にかかわる脳の神経の一部である海馬は、誰でも加齢と共に委縮します。加齢と共に記憶力が低下するのは自然な現象ですが、海馬の神経細胞は鍛えれば増加することが分かってきています。噛むことで脳への血流が増して、大脳辺縁系や海馬が活性化されることが分かっており、噛むことが認知症予防につながります。

つまり、よく噛むことで「脳のリハビリテーション効果」が期待できます。また、高齢者では寝たきり状態にならない予防効果があります。

80歳でも20本残すために!!

ずっと自分の歯で食べられるという事は理想です。長年使用してきた歯がダメージを受けるのは仕方がないことかもしれません。しかし日頃の維持管理を怠らなければ、歯を残すことは可能です。

歯の維持は長生きのもと!介護を受けずに居られる健康寿命の“要(かなめ)”です。

日本人の残存歯数
日本は世界の中でも長寿国の一つです。ところが、70歳で平均残存歯数は約11本、80歳で約4本なので、義歯(入れ歯)の助けが必要となってきます。必要となってきます。

摩耗(すり減り)
長年、歯を使っているので、当然歯は徐々に減ってきます。その度合いは人それぞれですが、食べカスがはさまったり、しみることがあります。

歯根の露出
加齢によって歯肉が下がり、歯の根元が露出しがちです。根元は柔らかいセメント質なので、むし歯になったり欠けたりしやすくなります。

エナメル質・象牙質
一般的に硬くなってきます。弾力がなくなってくるので、割れたり欠けたりしがちです。特に詰め物の周囲の歯や露出した歯根に見られます。

唾液も重要、気をつけてメンテナンスしよう!

高齢になると唾液が減る傾向があります。唾液にはお口の中をきれいにするなどの重要な役目があります。また、唾液が少なくなると細菌に感染しやすくなるので、意識してうがいをしたり、唾液腺のマッサージをして分泌を促進させましょう。

食事や会話を楽しむ・入れ歯と口のケア

201612

入れ歯(義歯)のことをデンチャーといいます。入れ歯もきちんとお手入れしないと、歯と同じようにプラーク(歯垢)が付着します。入れ歯についたプラークをデンチャープラークといいます。デンチャープラークもプラーク同様、細菌の塊です。

1.入れ歯の種類と材質
多くの場合、義歯の材料にはプラスチックが用いられています。

2.入れ歯の特徴と注意点
プラスチック製の入れ歯は吸水性があり、汚れや細菌が付着しやすい。
臭いなども吸収しやすく、清掃を怠ると口臭発生の原因になります。
装着中は、粘膜と入れ歯との隙間に細菌が繁殖しやすい環境にあります。
プラスチックにキズがつきやすく、間違った手入れ方法で入れ歯の表面にキズをつけるとさらに細菌が付着しやすくなります。
噛むことによって入れ歯が微妙に動き、軟らかい粘膜質面をこすって刺激します。そのため粘膜はキズがつきやすく、入れ歯を不潔にしておくと口内炎ができやすくなります。

3.入れ歯の手入れが不十分だと…
義歯性口内炎の原因になります。
口臭の原因になります。
入れ歯に色素沈着や歯石沈着がおこります。
部分入れ歯の場合、維持措置(クラスプ・バネなど)のかかっている歯や残っている歯がムシ歯や歯周病になりやすくなります。

4.入れ歯の清掃方法
毎食後、入れ歯をはずして清掃しましょう。
ブラシによる機械的清掃と義歯洗浄剤による化学的清掃の併用が理想です。一日一度は義歯洗浄剤で殺菌洗浄しましょう。
注)歯磨剤で磨くと表面に細かいキズがつきます。そこへ細菌や汚れが入り込みます。

《入れ歯洗浄剤の使い方》
はずした入れ歯は先にブラシで清掃し、義歯洗浄剤を溶かしたぬるま湯に入れます。
注)汚れがひどい場合には一晩つけておきましょう。

浸漬・洗浄後、ハブラシを使用して流水下で仕上げ洗いをします。
注)落として破損させないよう、水を張った洗面器などの上で洗います。

《入れ歯みがきの注意点》
小さな入れ歯でも必ずはずしてからみがきましょう。
落して破損したり排水口に流さないように、水を張った洗面器の上で洗いましょう。
軽い力でみがきましょう。あまり力を入れ過ぎるとプラスチックにキズをつくる原因になります。
部分入れ歯の場合、クラスプやバネは小さなハブラシで丁寧にみがきましょう。力を入れ過ぎてクラスプなどを曲げたり変形させたりしないよう気をつけましょう

むし歯や歯周病を予防!定期検診でしっかりチェック!

会津の歯医者 渡辺ゆうぞう歯科クリニックの「お口の相談室」

201611

お口の中の健康を保ちむし歯や歯周病を予防するためには、定期的なメンテナンスが大切です。
歯のさまざまな疾患を予防し健康な歯を維持していきましょう!

定期検診を受けることでこんなメリットが!

  • 早期発見早期治療ができる
  • 徹底したクリーニングが受けられる
  • 悪くなってから治療するより費用がお得
  • 正しいブラッシングが学べる

どのくらいの間隔で受ければいいのでしょう?
一般的に言って3ヵ月~6ヵ月ごとの検診をおすすめします。
お口の状態により異なりますので歯科医師にお気軽にご相談ください。

素朴な疑問 !? なぜ治療は一度でできないの?

会津の歯医者 渡辺ゆうぞう歯科クリニックの「お口の相談室」

201610

歯医者の治療は何回も通わなければならないから大変。なぜ一度に時間をかけて早く終わらせてくれないのだろう」そんな疑問をお持ちの方は意外に多いようです。

むし歯の場合、軽いものであれば一日で治療を終了することもあります。しかし、むし歯が進んでいるほど、治療には時間がかかってしまいます。

例えば、むし歯が「神経」まで達している場合、神経を残せるのか、取らなければならないのかの判断をしなければなりません。ここで数日かかることもあります。また、歯の痛みが激しいときには、長時間治療することで歯を刺激してしまい、さらに痛みがひどくなってしまうことがあります。このような時には一回の治療時間を短くして、少しずつ治療していく方がよい場合もあります。

■ 何度も消毒する必要があるときも
次に、神経を取った場合ですが、病巣が根っこの先にまで達しているようなら、細菌を減らして再発の恐れがなくなるまで何度も消毒を繰り返さなければならないケースもあるのです。

ここでの治療をいいかげんにしてしまうと、後で痛みが出てしまう可能性があります。

さて、神経の入っていた空間がきれいになると、次はその空間を密閉し、いよいよ被せ物の型取りに入ります。ここでも、むし歯がひどくて削った部分が大きい場合は、被せ物が安定するよう、支台を入れなければなりません。その支台のための型取りに、一回余分に通院していただくことになります。

誰もが忙しい現代社会の中で、歯の治療に何度も通うのは大変ですが、後で痛みが出てやり直しということになると、かえって治療が長引いてしまいます。あせらず、根気よく治しましょう。

虫歯のメカニズム バイオフィルムとは?

会津の歯医者 渡辺ゆうぞう歯科クリニックの「お口の相談室」

201609

歯の表面は常に唾液でおおわれています。そして唾液が歯の表面のエナメル質にふれているかぎり虫歯にはなりません。唾液には、さまざまな作用がありますが、その一つが清浄作用です。口の中の細菌や食べもののかすを洗い流してくれるのです。

ところが、ミュータンス菌が口の中にいると、砂糖という「えさ」を得て、唾液をさえぎる膜のようなものを歯の表面に作ってしまいます。この膜を「バイオフィルム」といいます。

歯の表面にバイオフィルムができてしまうと、歯のエナメル質が唾液にふれることができなくなり、唾液による清浄作用がきかなくなります。そのため、バイオフィルムで守られた内側は細菌が繁殖しやすい環境になります。

ミュータンス菌は、バイオフィルムの中で、食べものなどから糖分を吸収して、自分が生きていくためのエネルギーを作り出します。この過程を「発酵」といい、糖は最終的に乳酸や酢酸、エタノールにまで分解され、外に放出されます。ところがバイオフィルムが育ってくると、できた酸(最も多いのは乳酸)は外に放出されずに、バイオフィルムの中に残り、歯のエナメル質を溶かしはじめます。

エナメル質の破壊は狭い範囲で深く進みますが、比較的柔らかくおかされやすい象牙質にまで達すると奥に広い穴が作られれるようになります。こうして虫歯の穴が大きくなると、熱いものや冷たいもの、甘いもの、すっぱいものの刺激によって歯髄(歯の中心にある神経の集まっている部分)が充血し痛みを伴うようになります。

さらに象牙質にある象牙細管を通って歯髄に細菌が感染し、炎症を起こすと歯髄炎になります。この段階になると、今まで一時的に歯がしみたり、食べものがはさまると痛みを感じていたのが、突如猛烈に痛み出し、まわりの歯がすべて悪くなったように感じられたりします。

歯磨きと唾液ケアで むし歯予防

会津の歯医者 渡辺ゆうぞう歯科クリニックの「お口の相談室」

201608

お茶や水で食べ物を流し込まない

今の日本では、レストランで必ず水やお茶が出てきて、水分と一緒に食事をとることが当たり前のようになっています。しかし、かつての日本の食事では、よく噛んで唾液をしっかり出し、唾液と一緒に食べ物を飲み込んでいました。よく噛まずに、水やお茶で流し込む習慣は意識してやめるようにしましょう。

食材を工夫して噛む回数を増やす

唾液を出しためには、口の周りの筋肉が発達していることが大切です。
その筋肉を発達させるのが、簡単に飲み込める状態にならない、噛みごたえのある食材です。左に紹介する食材をふだんの食材に取り入れてください。また同じ食材でも、煮込みすぎない、細かく切りすぎないなど調理法を工夫することも大切です。

前歯をしっかり使って食べる

食事は、床に足をつけ、正しい姿勢で食べましょう。なぜなら、姿勢が悪いと重心が傾き、前歯と奥歯を使って噛めなくなるからです。姿勢が悪い人や奥歯だけで噛む癖のある人は、前歯を使わないため、唾液が出にくくなります。両足を床にしっかりつけ、正しい姿勢で、前歯を使って食べることを心がけてください。

歯の根元部分に出来やすいむし歯

加齢や歯周病などによる歯肉の退縮。歯茎が下がると、それまで、歯肉に守られてきた歯の根元部分がむき出しになります。
歯の根元部分は、歯冠部のエナメル質に比べて軟らかい構造で、歯の根元部分がむし歯(歯根面う蝕)になりやすいのです。

こんなにすごい 唾液の効能 ベスト5

会津の歯医者 渡辺ゆうぞう歯科クリニックの「お口の相談室」

201607

あなたのお口や体の中で唾液はどのようなパワーを発揮しているのでしょう?
その代表的な効能をご紹介します。

1.天然のやせ薬

満足感をしっかり感じ、食べすぎない
運動も食事制限もしないでやせられる夢のようなやせ薬が唾液です。唾液をしっかり出すように食事をするということは、「しっかり噛む」「ゆっくり楽しみながら食べる」「正しい姿勢で食べる」ということ。これができれば、血糖値が早く上がって満腹感を得やすくなり、食べすぎを防ぐことができます。

2.天然の口臭予防薬

唾液に豊富に含まれる酸素がニオイ菌を撃退
お口の中でニオイを起こす細菌は、酸素が大嫌い。なぜなら、酸素の少ない環境でこそ活発に活動できるからです。酸素の少ない環境とは、ズバリ口の中が乾燥した状態。口の中が乾燥すると、細菌は「揮発性硫黄化合物」というニオイ物質を作り始めます。だから唾液で口を潤すことが、口臭予防には効果的なのです。

3.天然の液体歯磨き粉

虫歯も歯周病も「唾液磨き」で防げる
唾液には「虫歯予防効果」「歯周病予防効果」「口臭予防効果」があり、飲み込んでも無害。歯ブラシに何もつけない空磨きで、歯は十分きれいになります。すでに虫歯が多い人は、虫歯予防効果のある歯磨き粉、歯周病の人は、歯周病の原因菌を減らす歯磨き粉がおすすめですが、そうでなければ唾液磨きで十分です。

4.天然のアンチエイジング剤

唾液中の成長ホルモンは若返りの秘薬
唾液中には骨や内臓、筋肉などの生育を助けるホルモンや、体の内外を問わず、傷ついた皮膚を修復して新陳代謝を促すホルモン、さらに脳を活性化して若返らせるホルモンなどが含まれています。つまり、唾液は筋肉も骨も脳も若返らせる、アンチエイジング剤なのです。

5.天然の認知症予防薬

衰えた脳神経の機能を修復する働きも
脳細胞を鍛えるには、「しっかり噛んで食べる」「表情筋をよく使う」ことが有効です。つまり、しっかり唾液を出す生活を心がけることが、そのまま認知症予防につながるのです。さらに、唾液中に含まれる神経成長因子が、粘膜の傷を治すことから、衰えた脳神経の機能を修復する働きも期待されています。

筋肉のゆがみがリハビリできる【ベロ回し体操】だ液も出ます

会津の歯医者 渡辺ゆうぞう歯科クリニックの「お口の相談室」

201606

噛み合わせの悪さがさまざまなトラブルを招く

噛み合わせが悪いと、きちんとものを噛むことができません。きちんと噛めない、食べられないのはとても困った状態ですから、私たちの体は勝手に上下の歯がきちんと当たるように姿勢を工夫、調整してしまいます。

上下の歯が適切に噛み合っていないまま、咀嚼を繰り返していると、やがてあごの関節がずれてきます。たとえば「口をパクパクと開閉すると、あごの関節や筋肉が痛い」、「口がまっすぐ開かない」などの自覚症状があるときは、あごの関節がずれている心配があります。

あごの関節がずれていると、きちんと噛めないだけではなく、夜もよく眠れず、昼間は、頭がボーッとしてきます。

加齢に伴って、誰にでも現われてくる噛み合わせのズレを予防する方法として、【ベロ回し体操】があります。

【ベロ回し体操】は口の中、ほっぺた、口唇、のど、首、あご、頭についている筋肉58種のリハビリが同時に行える運動。表面の筋肉ばかりか、インナーマッスルをも鍛える効果があります。【ベロ回し体操】を習慣にすると、噛み合わせのズレはもちろん、顔のゆがみ、首や肩のこり、頭痛を予防することもできます。

【ベロ回し体操】は唾液を分泌する3つの唾液腺(耳下腺、舌下腺、顎下腺)を刺激し、口の中の乾燥も予防できます。いびき、無呼吸症候群、誤嚥の改善効果、自律神経を整え、血液やリンパの流れをよくして免疫力を高める効果もあります。

(参考資料「デンタルプロ」より)