噛めば噛むほど 免疫力が高まり、 健康と若さを保ちます。

2010_10_01

ものをよく噛んで食べることには沢山の効用があります。

消化に良いだけではなく、口腔乾燥症(ドライマウス)や唾液腺炎など、唾液の分泌が減る病気を予防します。”唾液”の働きは、食品添加物の発ガン作用を抑え活性酸素を減らします。血液の中でホルモンと同じような働きをして脳に働きかけ、細胞の新陳代謝を促し、皮膚や胃腸や血管などの粘膜を丈夫にします。

「ゆっくりよく噛んで食べる」ことは、神経細胞の修復や成長を促し、認知症を予防し若々しきを保ちます。もちろん、歯のエナメル質を丈夫にし、虫歯や歯周病、口内炎を予防します。

顔の筋肉を鍛え、表情を豊かにし、成長期の子供の歯並びをよくし、発音も正しくして、鼻呼吸の習慣をつけます。子供も大人も大脳の血流が良くなリ、視力・聴力・筋力・体力・集中力・精神力が向上して運動能力を高めます。