長寿をになう噛むパワー。

2011_03_01

脳に、ああこの食感!おおこの歯ごたえ!うん、この歯ざわリ!と伝えるのは、自前の歯です。正確には自前の歯の3分の2以上は、歯肉の下の歯の植わっている骨(歯槽骨)の中にありますが、この骨と歯をつないでいる組織「歯根膜」が伝えています。従って、入れ歯やインプラントで補う人工歯にはこの歯根膜がありません。また、歯周病も歯根膜を破壊していきます。歯周病はそれとともに、歯を支える基礎の歯槽骨をも溶かしどんどん消失させてしまいます。やがて、歯はグラグラしだして抜けてしまいます。結果として、人工歯で噛むカを復活させる治療を施術し、咀瑠するパワーを守リます。噛むと違和感があったり、鈍痛を感じたら、歯周病が進行し倒壊することになる非常ベルと受け止め、早めに受診し歯根膜を守リましょう。又、歯が抜けたままになっていてもいけません。脳の活力を産み与える噛むパワーが損なわれ、やがて認知症や老人性痴呆症へと導かれていく可能性が高くなります。

自前の歯は、乳歯20本から永久歯28本に一般的には生え変リ揃いますが、それぞれが噛むパワーを発揮する為の最小不可欠な一本です。