<その2>歯周病は沈黙の病気

2011_11_02

痛みもなく、進行していることに気づきにくいため沈黙の病気といわれ、年齢とともに重症化していきます。歯周病セルフチェックをしてみましょう。合計で5点~25点の方は軽度~中等度の可能性。30点以上の方は進行した歯周病の疑いが濃度です。

歯周病の人は、心筋梗塞などの心臓血管症患を発症するリスクが高いことや、歯周病関連細菌が気道などに入りこみ、肺炎をひきおこすこともあります。歯周病にかかった歯ぐきや歯を支える骨等の組織から分泌される成分が、血糖値を下げるホルモン(インスリン)の働きを妨げ、糖尿病を悪化させることも明らかになっています。

体の入口であるおロの中の清潔さを保つことが健康への道しるべです。

歯周病セルフチェック表

●歯肉はピンク色で引き締まっている………0点
●歯肉が赤色や紫色になっている……………5点
●歯肉がむずがゆく、歯が浮く感じがする…5点
●歯磨きすると血がでる………………………5点
●起床時にロの中がネバネバする………… 10点
●歯肉が赤く腫れブヨブヨしている……… 10点
●何もしないのに歯肉から血が出る……… 15点
●歯がぐらついて物が噛めない…………… 15点
●冷たい水がしみる………………………… 15点
(軽度歯周病:歯肉炎、中等度以上歯周病:歯周炎)