保険で治す「むし歯」修復の概略

2012_11_01

なるべく早期発見早期治療が、負担(体にも、お財布にも)が少なく治療できます。

むし歯はカリエスと呼び記号Cで現します。C1~C2初期はコポジットレジン充填(CR充填)で修復。C2~C3初期になると、インレー修復、又は、クラウン修復になってしまいます。C3も深刻になると神経の髄室まで達していて根の治療を行い細菌撲滅後、根管ヘメタル・コアという金属の土台を入れてからクラウン修復をします。