世界の巨匠大島渚監督に謹んで御冥福を捧げます…

2013_02_03

享年80才肺炎!!歯周病原性細菌のしわざ!?誤嚥性肺炎?と読者の皆様、先月号を穴のあくほど、この頁をご覧いただいた方は閃かれた事でしょうか?

私も、偶然みた追悼番組で、監督の30才位の笑顔からこぼれる前歯が虫歯で崩壊寸前!なのに驚きました。歯冠は黒く、すでに残根状の様子も。歯肉もぷっくり歯周病のようす。インタビューに笑顔で丁寧な日本語で答えておられる、35年後?位の映像の前歯はさし歯にかわっていましたが歯肉の状態は? 介護を受けられるようになったきっかけの病も脳梗塞…とか。

我田引水の推測お許しください。ざんねんです。~同じ頃101才老衰で亡くなられた『くじけないで』という詩集を、一人暮らしの百歳で刊行された柴田トヨさんのように在って頂けたらと…。
お口の健康に気を配る生活習慣を身につけましょう!!健康な歯と足腰で老いた日々が白在であるために。私は会津に帰ってくる直前まで、11年間特別養護老人ホーム47床の歯科を担当していました。
口腔ケアがいかに重要かがとてもよくわかります。