胎児の歯の成長

2014_04_02

赤ちゃんはお母さんのおなかに宿ったその日からものすごいスピードで成長を始めます。妊娠初期の胎生7週目には乳歯のもとが、14週目には永久歯のもとが作られ始めます。

お母さんの食事が赤ちゃんの健康な歯を育てます

胎児は自らの成長発育のために母体からどんどん栄養を奪っていきます。十分な補給がないと母体、胎児ともに栄養不足となってしまいます。大切なのは妊娠初期から出産まで、栄養バランスのよい食事を心がけることです。妊娠初期には良質のタンパク質をたっぷり摂ること、中期から後期はカルシウム、リン、ビタミンA・B・C・Dを多く含む食べ物を摂ることです。