酸性の食品は歯が溶けやすい

2014_08_02

唾液の分泌量が減り、口内が乾いてしまう「ドライマウス」が増えています。

唾液には、抗菌作用や自浄作用など口の中の健康を守る働きがあるため、ドライマウスで唾液が少なくなると、虫歯や歯周病になりやすくなり、口臭なども引き起こし、全身の健康にも大きな影響を及ぼしかねません。

そこでドライマウスの人はもちろん、お口の中の健康のために唾液をしっかり出したいという人におすすめしたいのが、耳下腺や顎下腺といった唾液のタンクを刺激する簡単なマッサージです。どれも即効性のあるマッサージなので、すぐに口の中が潤ってくるはずです。

ほかにも唾液の分泌を促すために、次のようなセルフケアをおすすめします。

  • 唾液のもとである水を十分にとる。
  • カフェインには利尿作用があり、口内の乾燥を招きやすいため、お茶を飲みたいときは、コーヒーや紅茶よりも、カフェインレスのハーブティーを選ぶ。
  • ストレスなどで交感神経が優位だと唾液の分泌が妨げられるので、副交感神経優位の時間を作るために、ぬるめのお湯でゆったり入浴する。
  • 唾液腺を刺激し活性化させるために、繊維質の多い食材を使った食事を、1日3回よく噛んで食べる。
  • キシリトールガムまたはタブレットを食前にとることで、唾液の分泌を促す。