のみこみ力UP体操「口の老化を防ぐ」が勝ち

会津の歯医者 渡辺ゆうぞう歯科クリニックの「お口の相談室」

201508-1

食べ物がいつまでも口の中に残っている」「就寝中にむせて目が覚めることがある」。これらの問いに「イエス」ならば、のみこむ力が落ちているかもしれません。

のみこみをスムーズに行うためには、のどの動きだけでなく、口やそのまわりの筋肉の機能が重要な役割を果たしています。これらはいずれも、年齢を重ねるにつれて衰えが現れるものばかり。放っておくと、いずれ低下するおそれがあります。

そこで、機能の低下に歯止めをかけ、本来の力を回復させる体操を紹介します。

体操は、いずれも簡単で道具がいらないものばかり。毎日短時間、継続して行うことで、さまざまな口の機能アップ効果が期待できる運動です。「顔面体操」「口開け体操」「ベロ出しゴックン体操」「頭上げ体操」に取り組みましょう。