口腔の老化と唾液

会津の歯医者 渡辺ゆうぞう歯科クリニックの「お口の相談室」

201605

口をぽかんとあけて、口で呼吸をしている若い人も増えています。

歯磨きの大切さは良く言われますが、口の中の環境を守るために非常に大事なものは「唾液」です。普段は気にもしない唾液ですが、なくなると口の中がカラカラになって、話す事も食べる事もできません。舌は荒れ、虫歯は進行し、歯周病や口臭も悪化します。

唾液は1日に平均1~1.5リットルも出ます。99.5%が水分で、ナトリウムやマグネシウム、カルシウム、タンパク質、ビタミン、ホルモンなど、さまざまな成分が含まれています。

唾液を出す一番の刺激は良くかむ事。老化で唾液の量が減るため、ゆっくりと良くかむ事が大事になります。かむ刺激で口の中に唾液があふれ、唾液中のアミラーゼがでんぷんを消化し、かむほどに食物と唾液との接触が増えて、消化も良くなり歯茎も鍛えられて脳への刺激にもなります。

さらに、唾液の役割には味物質を溶かして味覚を生じさせる溶解作用、食べ物のカスを洗い流す洗浄作用、ラクトフェリン、リゾチームなどにより細菌の増加を抑える抗菌作用、重炭酸塩やリン酸塩により酸を中和する緩衝作用、歯の表面に皮膜をつくり虫歯を防ぐ保護作用、嚥下や発音を円滑にする潤滑作用や粘膜の保護作用などがあります。

唾液にはサラサラ唾液とネバネバ唾液があり、リラックスしている時には自律神経の副交感神経が働き、唾液は活発に分泌されてのどや食道を潤し、サラサラと自然に胃の中に流れます。逆に体にストレスがかかると、のどをなかなか流れていかないネバネバ唾液になってしまいます。サラサラ唾液を多くするには良くかむ事が大事で、唾液線のマッサージや自律神経を調整するウォーキング、ジョギング、水泳、呼吸法なども効果があります。

口の健康を守る唾液ケア

唾液は、主に耳下腺、顎下腺、舌下腺の3ヵ所から出ていますが、加齢とともに顎下腺からの分泌量が減少します。

舌を回したり、唾液腺の付近を外からマッサージすることによって、唾液腺が刺激されて、唾液が出やすくなります。口が乾いていると感じたら、ぜひ実行してください。

―次号へつづく―