歯並びのよい子に育てるために!

可愛い孫の歯を守るために!!

歯とのつき合い方によい習慣

お孫さんとはかわいいものです。子どもはお菓子をあげると喜ぶので、おじいちゃん、おばあちゃんとしては、つい甘い物をあげてしまうと思います。
しかしこれには注意が必要です。お孫さんを大切に思うなら、食事の時間やおやつの時間をきちんと決めましょう。アイスクリームや炭酸飲料、ケーキなど、甘くておいしい物をつい与えたくなると思いますが、なるべくそれらを日常的な食べ物にしないこと。「特別な日の嬉しい食べ物」とルールを決めて与えるように工夫してください。
また、自然な食品なら大丈夫と思いがちですが、果物や100%ジュースなども、酸が歯を溶かすので実は大敵です。物を食べたあとには必ずお茶や水を飲ませて、口の中をいつも清潔にしておくなど積極的に身につけるようにしてください。

乳歯の管理は家族とかかりつけ医の二人三脚で

歯は生えて1~2年が特にむし歯になりやすく、4歳頃からむし歯ができ始める子が増えます。予防のために小学校低学年までは、大人が仕上げ磨きを続けてください。ただ、乳歯の場合、たとえ毎日きちんと口の中を見ていても、気づかない奥歯のすきまなどに、案外大きなむし歯ができていることもあるので、半年に一度は定期検診を受けましょう。フッ素を塗布することも有効です。
これを機会に、おばあちゃんはお嫁さんと相談し、お孫さんの歯を長期的に一緒にケアしてくれる、かかりつけ医を決めてはいかがでしょうか。
歯磨き指導などをしっかりしてくれるる歯医者さんなら安心です。