健康で天寿を得る為に「50代からの正しい6つのセルフケア」

これまでは、歯が悪くなったら歯科医院を受診する、という考え方が一般的でした。まずは、この意識を変えることが第一歩です。

50代は、どこが悪いから行うのではなく、10年、20年先を見据えたケアを考えるべきです。特に、しっかり対策したいのは〝歯周病〞40~50代での発症が多く、知らぬ間に進行している人が多いのが特徴です。

健康で美しい歯と口を維持するには、セルフケア、最適な治療、が大切です。セルフケアでは菌を増やさない、免疫力を上げておく、噛む力を鍛えるなどがポイントになります。

若々しい口元や美しい姿勢は、正しい噛み合わせや呼吸から作られます。次に、笑顔で免疫力アップ。口角をきちんと上げて笑顔を作ると、頬、唇など口元のあらゆる筋肉を使います。噛む力、歯を支える筋肉を作る上でも笑顔は重要です。最後に、明るく美しい言葉を話すことは、心も楽しく若返らせます。

50代は口元再学習期。6つの効果がある方法をご紹介しましょう。

※詳しくは画像をクリックしてご覧ください。