意外に知らない歯みがきの基本

むし歯や歯周病の直接の原因は「歯垢」です。
歯みがきは、主にこの「歯垢」を落とすために行います。
自分に合ったみがき方や道具選びなど、歯科衛生士に相談しながら歯みがき上達の4つのポイントを心がけてみがきましょう。

正しいみがき方と歯みがき習慣を

食べたらみがこう

食事の後、すぐにみがいたほうが汚れが落ちやすくなります。食べたらみがく習慣を身につけると、ダラダラ食いもなくなり、食生活の改善にもつながります。

鏡で見ながらみがこう

ちゃんと歯ブラシが歯に当たっているか、汚れは落ちているかを鏡で確認しながらみがくことで、みがき残しがなくなり汚れも確実に落とせます。

トレーニングをしてみよう

上手にみがくために、たとえば鉛筆で歯に印をつけて歯ブラシで落してみましょう。きちんと先が当たって、こする力加減も良いと4~5回で落ちます。

時間をかけてみがこう

1日1回はじっくり時間をかけてみがきましょう。ていねいにみがくと5~10分はかかります。就寝前に行いましょう。