むし歯予防ケア


むし歯は、乳幼児から高齢者まで、歯を失う大きな原因の1つです。
リスクに合わせたプロケアとセルフケアでむし歯を予防し、QOL(生活の質)の低下を防ぎましょう。

食事の度ごとに初期のむし歯(脱灰)はできている

食事や飲物の糖分をプラークが分解して作った酸で、エナメル質からカルシウムやリンといったミネラルが溶け出す「脱灰」がおきます。通常は、唾液が酸を中和し、溶け出したミネラルを歯に補給する「再石灰化」が起きて、むし歯になるのを防いでいます。
この脱灰と再石灰化のバランスが脱灰に傾くと、むし歯が発生します。
ダラダラ何かを食べていると、このバランスがくずれます。
歯みがきは、食後のプラークを取り除くためのもの。ゴシゴシこすったり、歯を白くする研磨剤入りの歯みがき剤を常用すると、エナメル質の表面に傷がつき、細菌がその傷の中に入り込みます。
食事後の正しいブラッシングで、プラークが除かれ、次の食事までの間に唾液が再石灰化をすすめています。