むし歯予防の強い味方「フッ化物配合歯磨剤」

世界中で小児のむし歯が減ったのはフッ化物配合歯磨剤の普及が貢献

フッ化物配合歯磨剤のフッ素は、初期むし歯を再石灰化で修復したり、歯のミネラルが溶け出さないよう歯を強くしたり、プラークが酸をつくるのを防ぐ働きがあります。
脱灰しやすい食事の後や就寝前にフッ化物配合歯磨剤でフッ素を供給することは、最も合理的なフッ化物の応用法なのです。

象牙質(歯根部)むし歯は、なぜできる

歯肉が下がって、お口の中に歯の根が露出した部分はむし歯ができやすい
歯周病、咬み合わせ、強すぎる力での歯みがきなどで歯肉が退縮し、歯の根(歯根)が露出します。歯根部(象牙質)は、歯の上部構造(歯冠=エナメル質)に比べて酸に弱いためむし歯になりやすく、急激に進行するのが特徴です。
また、歯根部のむし歯は治療が難しい場合が多く、歯の根が見えたら、徹底したむし歯予防が必要です。