子供のむし歯・大人のむし歯

201908のサムネイル

子供のむし歯

むし歯の原因菌〈ミュータンス菌〉の母子感染に注意!
さまざまなむし歯菌のうち、一番代表的で強力なのがミュータンス菌です。しかし、生まれたばかりの赤ちゃんにはこのミュータンス菌は存在しません。
ではどうして、いつ頃から、子どもたちはミュータンス菌に感染し、むし歯になってしまうのでしょうか。

実は、母親や家族からうつることがあるのです。お母さんの持っているミュータンス菌が、だ液などからお子さんに感染することを「母子感染」と言います。
そのほか一緒に生活する家族からも感染すると言われています。しかも感染しやすい要注意時期があり、それは、1歳7ヶ月から2歳半くらいまでの頃です。
この頃は、歯が次々と生える時期で、かたちが複雑な乳臼歯(奥歯)も増えてきます。だから、ミュータンス菌に感染するとむし歯になりやすくなってしまうのです。

大人のむし歯

放置しておくと怖い!
「むし歯がある」とわかっていても、なかなか歯科医院に通えないという方もいらっしゃるでしょう。そのうち、気にならなくなってきて気がつけば何年も放置していたといったケースはめずらしくありません。
しかし、たとえ痛みが消えたとしても、むし歯が消えたわけではないのです。

広くて浅いのが大人のむし歯
大人と子供のむし歯には、そのできかたにも違いがあります。子どものむし歯は、一般的に”狭くて深く“入口は狭くても奥の方で進行していて、歯の神経まで達していることが多いため、痛みを感じます。
大人になると、よほど歯磨きができていない人でないかぎり、こうしたむし歯はできにくいのです。
大人のむし歯の特徴は”広く浅い“ことです。

この状態を「慢性う蝕」といい、歯が茶色っぽかったり、黄ばんだ感じになり、さほど深くなく広範囲に広がって歯を弱めていきます。
そして浅いため、神経まで到達せず痛みを感じることは少ない傾向があります。また治療のために、すでに神経を取っている場合、むし歯が進んでも痛みはでません。
なかなか気づきにくいのが大人のむし歯なのです。