忘れていませんか?舌ケア。

201909のサムネイル

ご存じですか?お口のニオイの原因は、舌の汚れ(舌苔)です。

不快なお口のニオイとは?

不快なお口のニオイの主な原因は、VSC(揮発性硫黄化合物)です。VSC(揮発性硫黄化合物)には、卵が腐ったようなニオイの硫化水素や、野菜が腐ったようなニオイのメチルメルカプタン、生ごみのようなニオイのジメチルサルファイドなどがあります。これらが複雑に混じり合ってお口のイヤなニオイになります。

硫化水素(卵の腐ったようなニオイ…)
メチルメルカプタン(野菜の腐ったようなニオイ…)
ジメチルサルファイド(生ごみのようなニオイ…)

注)口臭の専門家による国際分類では、社会的に容認される限度を超える明らかな口臭を「真性口臭症」としています。

お口のニオイとは?

「お口のニオイ」は、主に3つに分類されます。

①生理的なお口のニオイ
歯の周りや舌の上は、食べカスや歯垢、剥がれ落ちた粘膜などの汚れが溜まりやすい場所です。お口の中の細菌がこれらをエサにして腐らせることでガスが発生します。これを揮発性硫黄化合物(VSC)と呼びます。程度に差はありますが、誰もが持ちうるニオイです。

②食品由来のお口のニオイ
食べ物のニオイ成分やアルコールが吸収されると、血液で全身をめぐり、やがて、肺を通して呼吸とともにお口から出てきます。

③体調が良くないと起こるお口のニオイ
歯周病やのど・鼻・胃腸の健康状態によっては特有のガスが発生し、お口のニオイの原因になります。

※お口の中の細菌は、体調の変化により免疫力が低下すると大増殖して歯周病も進行させます。

一日の中でお口のニオイは変動します

生理的なお口のニオイは、生活のリズムによって強くなったり弱くなったりします。普段お口の中はだ液で常に洗い流されてキレイな状態ですが、だ液が減るタイミングではニオイ成分が発生しやすくなります。
一般的に、朝起きた時や食事の前など、だ液の分泌が減る時間帯には、お口のニオイが強くなることが知られています。また、ニオイの原因である「舌の汚れ(舌苔)」が多く付着していると、お口のニオイも強くなる傾向がみられます。
一方で、食事をとると、舌の汚れ(舌苔)が食べ
物でこすれて取れたり、だ液で流されたりするため、ニオイが低下します。お口のニオイは、人とのコミュニケーションの妨げになります。毎日しっかりとケアして気をつけたいですね。

舌の汚れ(舌苔)とは?

鏡で自分の舌を見ると白っぽい汚れが付着していることがあります。これがお口のニオイの大きな原因となる「舌苔」です。この舌苔は、お口の細菌や食べかす、剥がれ落ちた粘膜などがたくさん付着してできた汚れです。
自分の舌の汚れを一度鏡でチェックしてみてはいかがでしょうか?

舌のケアは、毎日簡単にできます

お口のニオイの大きな原因は歯周病(出血・ウミ)と、舌の汚れ(舌苔)です。歯みがきや歯間ブラシなどの毎日の口腔ケア習慣に、舌のブラッシングと、※専用タブレットを用いた舌ケアも取り入れ健康な「舌」を保ちましょう。

※舌のブラッシングは、力を入れずに軽くブラシで4~5回なでるように行なってください。