どうしよう、食べものの好き嫌い その3

会津の歯医者 渡辺ゆうぞう歯科クリニックの「歯の教室」vol32

vol32

■なぜ「食べたくない」のかな?

子ども(小中学生)の嫌いな食べものは、ゴーヤ、なす、レバー、セロリなどが多いようです。
その理由は「かみにくい」「食べにくい」「味やにおい」などがあげられます。
でも、無理に食べても、嫌いになる気持ちが増えるだけ。おいしく食べられることが大事なのです。