Tag Archives: 味覚障害

VOL.23 噛むことの大切さ

会津の歯医者 渡辺ゆうぞう歯科クリニックの「歯の教室」vol23

vol23

人が感じる味は「甘味」「酸味」「塩味」「苦味」「うま味」の5つです。
食べ物に含まれている、この5つの”味物質”が唾液(つば)の中にとけこんで舌にある味覚センサーを刺激し、味を感じるのです。
唾液がたくさん出れば出るほど味物質がたくさんとけこんで、たくさんの味を感じる=おいしさをたくさん感じることになるのです。
でほ、唾液をたくさん出すには?

それは「よく噛む」ことです。噛めば噛むほど唾液はたくさん出てきます。
逆に、噛まないと唾液が少なくなってしまい、食べ物の味がわからなくなる”味覚障害”という病気になってしまうこともあるんですよ。
毎日おいしくご飯を楽しむために、しっかリ噛んで食べてくださいね。